一週間の献立レシピ

五目ちらし寿司

「一週間の献立レシピ」ごはんもの 五目ちらし寿司

すし飯の基本さえ覚えれば、具はお好きなものを用意すれば大丈夫。豪華なわりには実は簡単なのです! おひな祭りやお子さんの誕生日パーティにすし桶や大皿に盛り付け、お客様の前で取り分ければ素敵な演出になります!

★手作りポイント!
・飯が熱いうちに合わせ酢をふりかけ、うちわであおぎながら切るようにして混ぜることが大切。余分な水分が飛んで、飯の表面が引き締まり、つやつやと光ってきます!

・すし桶は木製がなら飯の水分をほどよく吸ってくれ、すし飯のべたつきを防ぎます。使う前に、水を入れて30分置いてから水を捨て、内側をかたく絞った布巾でふいてから使うとご飯がくっつきません。

◆材料(4人分)
*すし飯
・米・・・カップ4
・昆布だし・・・カップ4〈昆布10センチ、水カップ41/2〉
・酒・・・大さじ2

*合わせ酢
・酢・・・カップ1/2
・砂糖・・・大さじ5
・塩・・・大さじ1/2

*基本の具と下ごしらえの調味料
・・・お好みで鶏肉、かんぴょうなどをしょうゆ、砂糖、ダシで煮て加えてもおいしいですよ。
・エビ・・・100g
A〈砂糖、酢・・・各大さじ1〉
・ニンジン・・・1/3本
B〈だし汁・・・大さじ2、砂糖・・・小さじ1、塩・・・少々〉
・干ししいたけ・・・2枚
C〈だし汁・・・大さじ5、砂糖・・・大さじ2、しょうゆ・・・大さじ1/2〉
・レンコン・・・80g
D〈だし汁・・・大さじ2、酢・・・小さじ3、砂糖・・・大さじ1、塩・・・少々〉


*飾り用・・・キュウリの細切りを散らしても。シーチキンをのせれば洋風になり、ボリュームが出ます。
・卵・・・2個
E〈砂糖、酒・・・各小さじ2、塩・・・少々〉
・さやえんどう・・・8枚
・白ゴマ・・・適宜
・のり・・・適宜
・紅ショウガ・・・適宜・

◆下ごしらえ
*すし飯を作ります。
1.米は炊く30分?1時間前に洗って水気を切ります。
2.炊飯器に1の洗い米、昆布だしカップ4〈下記参照〉、酒を入れて普通に炊きます。

〈昆布だしのとり方〉
◆材料(4カップ分)
・こんぶ・・・10cm角1枚
・水・・・カップ41/2
◆ポイント!
・昆布は厚みがあるものを選び、横に切れ目を入れます。
・中火にかける・・・強火で早く煮出そうとすると味の出が悪くなります。
・昆布はぐらぐら煮立てない・・・色が出て、味も悪くなります。
◆下ごしらえ
・昆布は、堅くしぼった布巾で表面の汚れをふき取ったあと、横に切れ目を入れます。
◆つくり方
昆布は水から入れて、沸騰直前に昆布を取り出します。

3.合わせ酢の材料を混ぜておきます。
4.具材と飾りの準備をします。具材は冷ましておきます。
・えび・・・頭と背わたをとり、ゆでて殻をむき、調味料Aをからめます。
・ニンジン・・・2.5センチくらいの長さの千切りにし、調味料Bで煮ます。
・干ししいたけ・・・ぬるま湯でもどし、軸をとって千切りにし、調味料Cで煮ます。
・レンコン・・・皮をむいて薄切りにし、酢水にさらしたあと、調味量Dで炒り煮します。
・卵・・・溶きほぐして調味料Eを加え、錦糸卵〈下記参照〉にします。
〈錦糸卵〉
卵を薄焼きにし、盆ざるにとって冷まします。冷めたらくるくると巻いて糸のように細く切ります。飾りつけにきれいです。

・さやえんどう・・・筋を取り、沸騰したお湯に塩少々で色よくゆで、斜めに細切りにします。
・のり・・・軽くあぶり、はさみで細く切ります。
・紅ショウガ・・・細く切ります。

◆つくり方
1.ご飯が炊けたら、すし桶に移します。
2.ご飯が熱いうちに合わせ酢をふりかけ、うちわであおぎながら切るようにして混ぜます。
3.すし飯に、冷ましたニンジン、干ししいたけを混ぜます。
4.すし飯を器に盛り、エビとレンコン、錦糸卵、さやえんどう、のり、紅ショウガを美しく飾り、白ゴマをふって出来上がり!

スポンサードリンク