一週間の献立レシピ

五目炊き込みご飯

「一週間の献立レシピ」ごはんもの 五目炊き込みご飯

炊き上がった白飯に味付けした具を入れる「混ぜご飯」に対して、さまざまな具をお米といっしょに入れて、ダシで炊く「炊き込みご飯」は、素材のうま味をご飯がぎゅっと吸収した、一品です。冷めてもおいしいのでお弁当にも大活躍です。なかでも複数の食材を炊き込む、「五目炊き込みご飯」は、栄養バランスも抜群です。「加薬ご飯」といわれるのもそのためです。

★手作りポイント!
・お米は、まず水を吸収させ、炊く前にダシを加えるとおいしく仕上がります。
・野菜はそれぞれ丁寧に下準備をすることが全体のおいしさにつながります。
・しいたけの戻し汁もおいしいダシです。活用しましょう。

◆材料(4人分)
・米・・・カップ3
・鶏肉(モモ)・・・100g
・酒・・・少々
・干ししいたけ・・・2枚
・ごぼう・・・1/3本
・ニンジン・・・中1/4本
・油揚げ・・・1枚
・こんにゃく・・・1/4枚
・さやえんどう・・・12枚

〈調味液A〉
・だし汁としいたけのもどし汁を合わせて・・・カップ31/3
・酒・・・大さじ1
・しょうゆ・・・3
・みりん・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/2

◆下ごしらえ
1.米はよく洗い、約30分間水につけてからざるにあげます。
2.鶏肉はうすく削ぎ切りにしてから1センチ程度に切り、酒少々をふりかけておきます。
3.干ししいたけはカップ2のぬるま湯で戻し、軸を切り落として薄切りにします。
4.ニンジンは皮をむき、2〜3センチの長さにしてから千切りにします。
5.ごぼうはきれいに洗い、包丁の背を使って皮をこそげとってから、ささがき〈下記参照〉にし、切ったそばからすぐに水(酢を少々入れます)につけてアクだしします。水を2?3回取り替えて、水がきれいになったらざるにあげて水気をよくきっておきます。

〈ささがきの仕方〉
包丁の刃先を使い、鉛筆を削るように材料をくるくる回しながら細く、薄く削りとる切り方です。キンピラごぼう、柳川なべ、チラシ寿司の具などに向きます。

6.油揚げは油抜き〈下記参照〉をし、縦ふたつに切って細切りにします。

〈油抜き〉
油揚げやさつま揚げなどにさっと熱湯をかけたり、湯通しして、表面の酸化した油を除きます。

7.こんにゃくは約5分間ゆで、冷めたら薄切りにしてさらに細く切ります。
8.さやえんどうは筋を取り、塩少々を入れたなかで彩りがきれいにゆで、斜めに細切りにします。

◆つくり方
1.米と調味料Aとさやえんどう以外の具材を炊飯器に入れてよく混ぜ、普通に炊きます。
2.炊き上がったら、10分間蒸らします。
3.ご飯をお茶碗に盛り、さやえんどうを散らして召し上がれ!

スポンサードリンク