一週間の献立レシピ

カボチャの煮物

「一週間の献立レシピ」野菜料理 カボチャの煮物

栗のようにほくほくとした味で最近主流のかぼちゃが「西洋カボチャ」。表面に深い溝がないのが特徴です。一方、縦に深い溝があるのが「日本カボチャ」。さっぱりとした淡白な味が魅力です。ご家庭ではお好みで使い分けてもいいですね。ちなみに・・・西洋カボチャのエネルギーは73kl/100g。日本カボチャは36kl/100g です!
カボチャ本来の甘みが引き立つよう、薄味のたっぷりの煮汁を含ませるように炊きましょう。

★手作りポイント!
・カボチャは味がしみ込みやすいようにところどころ皮をむきます。
・煮くずれを防ぐために、面取りします。
・水でさっと洗ってあくをとります。
・重ならないようにカボチャを鍋に入れ、煮崩れを防ぎます。
・調味料は「さ(砂糖)→し(塩)→す(酢)→せ(しょうゆ)→そ(みそ)」の順に。
・落しぶたをすると、味がまんべんなくしみ渡ります。

◆材料(4人分)
・かぼちゃ・・・300g
・だし汁または水・・・11/2カップ
・砂糖・・・大さじ11/3
・みりん・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1弱(だし汁の塩分によって加減しましょう)
・しょうゆ・・・小さじ1

◆下ごしらえ
・カボチャは幅3cmのくし形に切り、わたとタネを除きます。
・煮くずれを防ぐために、面取り〈*参照〉をしましょう。
・皮をところどころむきます。
・水でさっと洗い、アクを除きます。

〈面取り〉
ジャガイモやニンジン、大根、カボチャなどを煮込む前に切り口の角をさらに薄く取り除いておくことをいいます。煮くずれを防ぎ、味のしみ込みをよくする効果があります。

◆つくり方
1.なべにカボチャを重ならないように並べ、だし汁を加え、強火で煮ます。
2.沸騰して約5分煮たあと中火にし、砂糖と塩を入れて落しぶたをし、15分コトコト煮ます。
3.みりんとしょうゆを加えて煮汁が1/3量になるまで約10分煮、火を止めてそのまましばらくおいて味を含ませます。

器にこんもりと盛りつけて召し上がれ!

スポンサードリンク