一週間の献立レシピ

かれいの煮付け

「一週間の献立レシピ」魚料理 かれいの煮付け

ご家庭でお魚をもっと食べていただきたい、とはいうものの、焼き魚ばかりでは飽きてしまいますよね。煮魚は、皮がはがれてしまったり、煮くずれてしまったり・・・。でも、コツさえ覚えれば、きれいな煮魚ができます。

★手作りポイント!
・魚の皮に切り込みを。
魚の皮は身に比べて加熱すると収縮するので、煮くずれたり煮汁が浸透しにくくなるのです。魚の皮に十字に切り込みを入れると、煮くずれ防止と味の浸透をよくします。身に対して直角に入れるのがコツ!
・下味のしょうがは皮付きのまま薄切りに。風味が増します。
・煮物の調味料は「さ(砂糖)・し(塩)・す(酢)・せ(しょうゆ)・そ(みそ)」の順が基本ですが、煮魚のようにあまり内部まで味がしみ込まないほうが料理では、調味料を全部合わせて使います。
・魚は煮立った煮汁のなかへ。
煮立った煮汁に入れることで、魚の表面が凝固し、たんぱく質やうま味成分が逃げ出すのを防止します。
・魚は煮崩れしやすいので、表を上にして重ならないように並べましょう。
・落しぶたを利用し、魚を裏返さない。落しぶた水でぬらしておきます。
・魚に煮汁をかけるのは、魚に火が通ってから。
火が通らないうちに熱い煮汁をかけると皮がはがれてしまいます。

◆材料(4人分)
・かれい(切り身)・・・4切れ
・しょうが・・・20g

〈煮汁〉
・水・・・カップ1
・砂糖・・・大さじ1
・酒・・・カップ1/3
・しょうゆ・・・大さじ31/2

*ネギやささがきごぼうを煮汁でいっしょに煮て、前盛り(焼き魚などの右斜め前にいっしょに盛り付ける口直し)としてもgood!

◆下ごしらえ
・カレイの皮目に十文字の切込みを入れます。身に対して直角に。
・ショウガは皮のまま薄切りにします。
一部(ひとり2枚)を煮るときに使い、あとは針しょうが(*参照)にして水にさらします。

〈針しょうが〉
しょうがを針のように細く刻み、水にさらしたものをいいます。あえものやお吸い物に用いると風味が豊かです。

◆つくり方
1.鍋に煮汁の調味料と薄切りのしょうがを入れます。
2.煮立ったら、カレイを皮目を上に、重ならないように入れて、水でぬらした落しぶたをし、中火で5分煮ます。
3.カレイに火が通ってから、ときどき鍋を傾けて煮汁をすくい、全体に回しかけます。
4.器にカレイを盛り、煮汁をかけて、針しょうがをこんもりと上にのせます。

スポンサードリンク