バラク オバマ 大統領候補

オバマ氏の生い立ちとマニフェスト
<< バラク・フセイン・オバマ・ジュニア | TOP | オバマ氏の生い立ち2 >>

オバマ氏の生い立ち1

今回は、オバマ氏の生い立ちについてご紹介します。

オバマ氏の生い立ちは、やや特殊と言える環境でした。
父親はケニア出身のイスラム教徒で、母親はアメリカカンザス州出身の労働者一家の生まれで、スウェーデン系白人です。
よって混血ではありますが、人種の坩堝と言われているアメリカでは、なんら珍しい事ではありません。
奴隷の子孫と言われるルーツもなく、普通のアフリカ系アメリカ人として、オバマ氏は生まれました。

ただ、イスラム教信者の子供は同じくイスラム教を信仰するのが通例なのに対し、オバマ氏はプロテンスタントです。
これは、父親がイスラム教信者ではあったものの、無宗教に近いという本人の談、また出身であるハワイにて白人である母親およびその両親に育てられた影響と言われています。

なお、オバマ氏の両親は彼が4歳の時に離婚し、6?10歳の間は母親およびその再婚相手であるインドネシア人と共に、インドネシアで生活をしていたようです。
この期間は、彼の生い立ちに大きな影響を与えた事でしょう。

オバマ氏の両親は、既に2人とも他界しています。
父親は1982年に交通事故で、母親は1995年に子宮・卵巣がんで亡くなりました。
よって、オバマ氏は34歳でかけがえのない2人を失ったことになってきます。
彼の生い立ちを語る上で、哀しくも欠かすことのできないエピソードです。

育った環境は、決して恵まれているとは言いがたい彼ですが、そういう生い立ちが、今日の彼を作り、また支えているのではないかと思われます。
author : kaolin | - | trackback (1)

Trackbacks

Trackback URL :

トラックバック受け付けについてのメッセージ。不要でしたら削除して下さい。
このように複数行を記述する時は、改行して続けて下さい。

オバマフィーバー | 専門用語? なんだこりゃ???ブログ
オバマフィーバー民主党予備選で、オバマ氏がクリントン氏を破り勝利宣言を行ったというニュースはご存知ですよね、たぶん…。で、ここ日本でもオバマフィーバーに沸いている地域があります。でも、このフィーバーって言葉とっても死語だと思いませんか?フィーバーの原語は英語で、熱狂すること・興奮状態という意味です。...
2008/06/30 06:05 PM