キャンプ料理レシピ

キャンプのための食材別料理レシピ

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

キャンプ料理−鶏肉の照り焼き



鶏肉をつかったキャンプ料理レシピ 鶏肉の照り焼き

骨付きの鶏のモモ肉に、甘辛のタレをたっぷり絡めて照り焼きにします。鶏肉は、皮目からフォークを刺して穴をあけておくことで、味がよくしみ、身が縮まないようにするコツです。ポリ袋に鶏肉と調味料を入れ、よくもみ混ぜて下味をしっかりとつけます。調理器具は、なべひとつですから、後片付けも手軽です! キャンプ料理のレシピにぜひ、加えて下さい。
青空の下、ビールがおいしい一品です。


◆材料(4人分)
・鶏モモ肉(骨付き)・・・4本

☆調味料
・しょうゆ・・・大さじ4
・砂糖・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ2
・おろししょうが・・・少々

・酒・・・大さじ3
・サラダ油・・・大さじ1

*必要な調理用具・・・なべ

<つくり方>
1.鶏モモ肉(骨付き)は、フォークの先で皮目をつつき、ところどころに穴をあけます。味がよくしみこみ、身が縮まないようにするコツです。
2.1と、☆調味料(しょうゆ、砂糖、みりん、おろししょうが)をポリ袋に入れて、よくもみ混ぜて30分ほどおき、下味をしっかりとしみこませます。
3.なべにサラダ油を熱し、2の鶏肉を皮目から入れて、うっすらと焦げ目がついたら引っくり返して焼き、余分な油を捨てます。
4.酒をふりかけてぴったりとふたをし、蒸し焼きにします。
5.2のつけ汁を加えてちょっと煮つめて、肉に絡ませます。
6.お皿に盛って頂きます!
*レモンのくし切りを添えると彩りも美しく、さっぱりといただけます。
comments (191) : trackback (0) : edit

キャンプ料理−丸ごとボイルドチキン



鶏肉をつかったキャンプ料理レシピ ボイルドチキン

キャンプでは、料理もダイナミックにいきたいものです。

そこで手軽だけど、ワイルドで、見た目にも華やかなボイルドチキンは如何でしょう?
豪華な見た目にわりには、なべに素材(ひな鳥を丸ごと入れます)を入れて、大きめに切った野菜といっしょにぐつぐつ煮込むのみです。

できあがった場合に食卓でチキンを切り分ける時には、盛り上がることでしょう。

ひな鳥は、下処理してあるものを求めましょう。


◆材料(4人分)
・ひな鳥(下処理してあるもの)・・・1羽

*香草類
・ローリエ・・・1枚
・ローズマリー・・・少々
・粒コショウ・・・3粒

・玉ねぎ・・・2個
・セロリ・・・2本
・ニンジン・・・1本

*必要な調理用具・・・厚手の深なべ(鶏が丸ごと1羽入るぐらいのもの)

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ひな鳥はきれいに洗って、水気をよくふき取ります。おなかのなかに*香草類を入れて、皮に塩、コショウを手のひらでよくすり込みます。
*香草類は、小さなガーゼの袋に入れてから鶏のおなかに入れると食べる場合に処理しやすいです。
2.玉ねぎは縦に2つに切ります。セロリは筋をとって、10センチ程度の長さに切ります。ニンジンは1本を4つに割るぐらいに大きめに切ります。

◆調理
3.鶏が一羽ゆったりと入るぐらいのなべを用意し、そのなかに1の鶏と2の野菜を入れて、たっぷりとかぶるほどの水を入れます。
4.3を強火にかけ、煮立ったらアクをとり、火を弱めます。途中、浮き上がってくるアクをていねいにとりながら1時間ほど煮込みます。
*途中、一度鶏肉を上下にひっくり返します。
5.材料が柔らかくなったら、でき上がり!
6.各自の器に野菜を盛り付け、鶏肉は食卓で切り分けると場が盛り上がります!
*お好みで粒マスタードをつけていだだきます。
comments (0) : trackback (0) : edit

キャンプ料理−ローストチキン



鶏肉をつかったキャンプ料理レシピ ローストチキン

骨付きの鶏もも肉を使用したローストチキンといえば、クリスマス料理の定番です。豪華なわりには、意外と手軽にできます。しかもフライパンひとつでOKなので、キャンプ料理の一品にぜひ、加えてみてはどうでしょう?

1人1本でレシピをご紹介しましたがたぶん足りないと思います。チキンが好きなお子さんなら、ひとりで2本、3本・・・軽く平らげてしまいます。


◆材料(4人分)
・鶏もも肉(骨付き)・・・4本
・油・・・大さじ4
・塩、コショウ、レモン汁・・・少々

*必要な調理用具・・・厚手のフライパン、アルミ箔

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.鶏肉は、火のとおりをよくするために、盛り付けて裏側になる面に骨まで包丁で切り込みを入れます。軽く塩、コショウをします。

◆調理
2.厚手のフライパンに油を入れて熱し、1の鶏肉を皮のほうから焼きます。
3.こんがりと焼き色がついたら、火を弱め、アルミ箔をかぶせて蒸し焼きにします。ときどき位置を変えながら、全体に火がよく通るようにして、約20分焼きます。
*鶏肉が大きいときやなかなか火がとおりにくいときは、白ワインをちょっとふって蒸し焼きにします。ただし皮がふやけてしまうので、最後にアルミ箔を取って水分を飛ばし、皮をパリッとさせましょう。

4.鶏肉の一番厚いところに竹串を刺してみて、透明な汁が出てくれば火が通っています。
5.器に盛り付け、塩、コショウ、レモン汁、などお好みでかけて頂きます。
*食べやすいように、鶏の足の部分をアルミ箔などで包むとよいと思われます。
comments (0) : trackback (0) : edit
1/1