キャンプ料理レシピ

キャンプのための食材別料理レシピ

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

キャンプ料理−魚のたまごソースかけ



魚をつかったキャンプ料理レシピ 魚の卵ソースかけ

キャンプでは魚というと、串にさして塩焼きというのが定番です。それもなかなか野性味たっぷりでおいしいのですが、キャンプで夜空を見上げながら、おしゃれにワインを傾けて、というのもたまにはいいのでは?
そういう場合に白ワインにぴったりなのが、この料理です。とってもおしゃれなのですが、つくり方はいたって手軽で、道具も、大きな鍋がひとつあればできます。

魚は、その場合の魚釣りの収穫次第というところでしょうか? 自分で釣った魚なら何でもきっとおいしく召し上がれます!
キャンプでなくても、新鮮なサケやタイを丸ごと一匹使えばそれこそ豪華なパーティ料理になってきます。


◆材料(4人分)
・魚(ニジマスや川マス、鮎など)・・・4〜8尾
・ローリエ、タイム(できれば生)・・・適量
・コンソメスープの素・・・4個
・白ワイン・・・3カップ
・レモン又はライム・・・2個
・塩、コショウ・・・少々

☆たまごソース
・魚のゆで汁・・・500cc
・たまご・・・3個分
・バター・・・250g
・塩、コショウ・・・各少々

☆飾り用・・・レモン(又はライム)

*用具:タコ糸、なべ(魚がそのまま入る大きさのものが良い)

<つくり方>
1.魚は、うろこと内臓を取ります。腹のなかの水気をふいてから、タイム、ローリエを詰め、タコ糸でしばります。
2.なべに1の魚を入れて、スープの素、白ワイン、塩、コショウを入れ、水をひたひたになるまで加えます。
3.レモン(又はライム)の輪切りを4〜5枚のせてふたをし、弱火で約20分ゆでます。
4.たまごソースを作成します。魚のゆで汁にたまごを混ぜて湯せんにかけ、とろりとしてきたらバターをちょっとずつ加えていきます。塩、コショウで味をととのえます。
5.ゆでた魚のタコ糸を取り、お皿に盛ります。4のたまごソースをたっぷりとかけ、レモン(又はライム)の輪切りを添えて頂きます。
comments (0) : trackback (0) : edit

キャンプ料理−マスのムニエル



魚をつかったキャンプ料理レシピ マスのムニエル

魚釣りの楽しみのひとつに、釣った魚をその場で調理して食べることがあります。シンプルに焼くのみでも充分おいしいですが、少しひと手間加えてみましょう。
つくり方はいたって手軽!内臓を取った魚に小麦粉をまぶしてこんがりと焼くのみです!
でも、それのみでは栄養バランスがよくありませんよね? そこで手軽にできる野菜ソースをプラスしましょう。フライパンひとつで素敵なメインの料理ができあがりです!
キャンプでも、もちろんインドアでも、おいしく召し上がれる料理です。


◆材料(4人分)
・マス(川マス、ニジマスなどで。おいしく召し上がれます)・・・4尾
・塩、コショウ、小麦粉、油・・適宜

★野菜ソース(お好みの野菜を何でも!)
・玉ねぎ・・・1個
・ピーマン・・・1個
・トマト・・・1個
・ニンジン・・・50g
・バター・・・大さじ1
・塩、コショウ・・・少々
・酒(ブランデー)・・・大さじ2

<つくり方>
1.マスは、うろこと内臓を取ります。
*内臓は、口から箸を突っ込み、取り出すと手軽です。
2.1のマスに塩、コショウをし、牛乳につけて小麦粉をまぶします。
3.フライパンに油を熱し、両面をこんがりと焼きます。
4.野菜ソースを作成します。野菜はすべてせん切りにし、バターでいためます。塩、コショウで味をつけ、ブランデーをふってできあがりです。
5.お皿に魚を盛りつけ、野菜ソースをたっぷりとかけて頂きましょう!白ワインがよく合います!
comments (0) : trackback (0) : edit

キャンプ料理−エビの串焼き



エビをつかったキャンプ料理レシピ エビの串焼き

車えび又はブラックタイガーを殻つきのまま、金串に刺して豪快に焼き上げます。強火の遠火にかざして、焦がさないように焼くのがおいしさの秘訣です。材料も、必要な用具もいたってシンプルです。でも、仕上がりは豪華で、満足度100パーセントです。


◆材料(4人分)
・車エビ(又は、ブラックタイガー)・・・8尾
・しょうゆ・・・大さじ2
・酒・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ1

・みりん・・・適宜(仕上げ用)
*必要な調理用具・・・金串

<つくり方>
1.エビは塩水(分量外)でさっと洗い、背わたを抜きます。
*背わたは、竹串を刺して抜くとうまく抜けます。
2.腹側の殻をはさみで切り、長いひげも適当に短くします。
3.しょうゆ、酒、みりんを混ぜてエビにかけて下味をつけます。10分ほどおいて味をなじませます。
*ときどき上下を裏返すと、調味料がよくからみます。
4.金串2本につき、エビを4匹ずつ、末広にうちます。エビをくるんと曲げて、4匹を同じ向きに並べるようにします。
*エビをまな板の上などに並べてから、手で押さえ、一気に刺すと刺しやすいです。
5.強火の遠火にかざして、焦がさないように焼きます。
6.火が通ったところで仕上げ用のみりんを塗ると照りが出て見た目が美しくなります。

*キャンプで頂くのももちろん豪快でおいしいですし、インドアでも少ししたお祝いの席やパーティに、見栄えのする一品となります。
comments (7) : trackback (0) : edit
1/2 >>