電子レンジで作る簡単料理

白身魚のエビのせ団子

電子レンジで簡単 白身魚のエビのせ団子

白身魚のすり身の団子にエビをのせた、上品なお味の一品です。
エビがほのかにピンク色で見た目にもキレイなので、おもてなし料理にもお勧めです。エビの下ゆでも、電子レンジで行うことで見た目以上に簡単に出来上がります。

★ここがポイント
仕上げに団子を加熱するときに等間隔に並べることが大切です。幾つかの食材を同時に電子レンジで加熱するときには、個々のものの間を詰めておかないことに注意します。くっつけてしまうと電子レンジはそれをひとつの塊として判断し、中心部分まで電磁波が届かなくなってしまうのです。なるべく円を描くように並べます。


◆材料(団子16個分)
・白身魚のすり身・・・150g
・山芋・・・60g
・たまご白・・・1/2個分
・片栗粉・・・小さじ2
・酒・・・小さじ1
・塩・・・少々
・エビ・・・2匹
・酒、塩(エビの下味用)・・・少々

◆つくり方
1.山芋は皮をむき、すり鉢ですりおろします。
2.1の山芋に白身魚のすり身、たまご白、片栗粉、酒、塩を加え、さらによくすり混ぜます。
3.エビは背わたを取り除いてから、酒、塩少々をふり、ラップをかぶせて電子レンジで約1分加熱したあと、頭と殻をとって、1匹を8等分に薄くそぎ切りにします。
4.2を16等分になるよう団子にまとめます。
★ここがコツ
水でぬらした手でタネを握り、団子に絞りだすようにします。
5.4の団子の上に3のエビをのせつけます。
6.電子レンジ用の平たい皿に、団子を等間隔に円を描くように並べ、ラップをして約4分加熱します。一度に16個並べるのではなく、8個ずつぐらいに分けるとよいでしょう。団子同士がくっつかないようにします。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が違います。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

スポンサードリンク