電子レンジで作る簡単料理

里芋の黄身みそ焼き

電子レンジで簡単 里芋の黄身みそ焼き

電子レンジを使うと里芋がほっくりと甘く仕上がります。里芋の皮むきにも電子レンジは大活躍。加熱してから皮をむくと手がかゆくならないのです。薄く味を含ませた里芋に、黄身みそをのせておしゃれな一品に仕上げましょう。

★ここがポイント
通常、煮物は水分が飛ばないようにラップをかけて電子レンジにかけます。しかし里芋は例外です! ふきこぼれやすいのでラップなしで加熱します。加熱ムラを防ぐために、途中で上下を引っくり返し、内側と外側の位置も入れ替えます。これは、電子レンジが下から、また外側から熱が加わっていく性質をもつためです。途中で位置を入れ替えることで加熱ムラを防ぎます。

加熱したあと、余熱を生かしてしばらく煮汁につけておくことで味がほどよくしみ込みます。仕上げに、オーブントースターを使って軽く、味噌に焼き色がつく程度に焼くことで風味も増し、見た目にもおいしくなります。電子レンジと、そのほかの器具の長所をそれぞれうまく活かし、使い分けるといいです。

◆材料(2人分)
・里芋・・・120g
〈調味料A〉
・だし汁・・・1/2カップ
・みりん・・・大さじ1
・しょうゆ・・・小さじ1
・砂糖・・・小さじ1
・塩・・・小さじ1/4

*黄身みそ
・西京みそ・・・60g
・たまご黄・・・1/2個分
・砂糖・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1
・塩・・・少々

◆つくり方
1.里芋はよく水洗いして、ぬれたままラップをして電子レンジで約5分加熱します。熱いうちに皮をむきます。
2.里芋がちょうど入るくらいの電子レンジ容器に、〈調味料A〉を加え、約3分加熱します。

3.里芋の上下を引っくり返し、また外側と内側の位置も入れ替えてから、さらに約3分加熱します。そのままさまし、味を含ませます。

4.黄身みそをつくります。ボウルに黄身みその材料を入れ、よく練り混ぜます。

5.3の里芋の煮汁を切り、上部に4のみそを薄く塗りつけます。
★ここがコツ
里芋を手で持つとつるつるしてすべりやすいので、竹串などで刺すようにして固定すると簡単です!

6.5をオーブントースターで軽く焼き色をつけて出来上がりです。

★注意:電子レンジは、W(ワット)数によって加熱時間が違います。ここでご紹介するレシピでは、出力500Wの電子レンジを使用した場合の加熱時間を表示しています。ご自宅の電子レンジが400Wの場合は500Wの約1.2倍、600Wの場合は500Wの約0.8倍として時間を調節してください。

スポンサードリンク