はちみつの効能とローヤルゼリー

花の蜜

今回は、花の蜜についてです。
はちみつは、ミツバチが色々な花から採集してきたみつです。これは「花蜜」、あるいは「ネクター」と呼ばれます。花蜜は、草花から採集したものと、樹木の花から採集したものがあります。レンゲやタンポポ、菜の花、クローバーなどのはちみつは、春の草花から採られたはちみつです。

一方、柿やアカシア、ミカン、クリ、ノバラなどのはちみつは、春に花を咲かせる樹木の花から採ったはちみつです。これら、春のはちみつは、透明度が高く、クセのない、ソフトな舌触りが人気のはちみつです(栗の花のはちみつは、少々クセがありますが、それがお好きな方も多いようです)。

ミカンの花のはちみつは、淡い黄色が美しく、いかにも清楚な春のやさしい口当たりです。甘酸っぱい柑橘系の香りがさわやかでファンが多いはちみつです。

一方、夏には夏のはちみつがあります。たとえば、そばやアザミ、ひまわりといった夏の草花からとったはちみつがあります。

また、夏の樹木の花には、トチやハゼ、ぼだいじゅ、カラスザンショウなどがあり、これらの花から採ったはちみつが、春とはまた違った個性で楽しませてくれます。
夏の草花、樹木の花に由来するはちみつの特長は、やや色が濃い目で味や香りも個性的なものが多いということでしょうか?

たとえば、そばのはちみつは、黒褐色で、一見したところ黒砂糖のようです。カリウムや鉄分などのミネラルが豊富なはちみつは、栄養的にも優等生です。個性的で、コクのある味わいは、お菓子作りやお肉料理の味つけに大活躍です。

スポンサードリンク