はちみつの効能とローヤルゼリー

はちみつジャム

はちみつのジャムをごしょうかいします。

「朝食のパンには、はちみつが欠かせない!」とおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。はちみつは、その大部分の成分が糖質です。
しかも単糖類といって、それ以上分解する必要のないブドウ糖と果糖がほとんどであることから、朝、起きぬけでボーっとした脳に即効的にエネルギーを供給することが可能です。
まさしく朝にぴったりの食品といえるでしょう。

はちみつのみでもおいしいのですが、色々な果物とあわせて、ジャムにしてみてはどうでしょう?
ブルーベリー、イチゴ、梅、あるいはレモン、どのような果物とも相性はばっちりです。

手軽なはちみつジャムのつくりかたを、ジャムの定番ともいえる、イチゴを使用してご紹介します。

はちみつ&イチゴジャム
〈作り方〉
●はちみつ・・・400g

●イチゴ・・・1キログラム
●レモン汁・・・大さじ1強

〈作り方〉
1.イチゴは洗ってへたをとり、水気をよくふきとっておきます。
2.ボウルにイチゴとはちみつを全体がよくからむように混ぜ、ラップをして約2時間置きます。
3.こしきで2をこしてイチゴの果実を取り出します。
4.果実を取り除いた、シロップのみを大きめのなべに、木べらで混ぜながら弱火で煮ます。
5.泡が大きくなったら、取り出しておいた果実とレモン汁を加えます。
6.果実がシロップを十分に吸ったところで火を止め、煮沸消毒したビンに詰めます。

朝食のパンに、あるいはお子様のおやつのホットケーキに・・・たっぷりと塗ってお召し上がり下さい。

スポンサードリンク