はちみつの効能とローヤルゼリー

はちみつ漬け

今回は、はちみつ漬けについてご紹介します。

皆さんは、日ごろ、はちみつをどのように召し上がっていらっしゃるでしょうか? 朝食のパンに塗ったり、ホットケーキにかけたり。
それとも、お料理の際にお砂糖代わりに利用されていらっしゃるというか方もいらっしゃるかもしれません。
はちみつは、そのまま何かにかけていただいても、またお料理の際に調味料として利用しても、おいしいです。

では、はちみつ漬けをご存知でしょうか?

カリンのはちみつ漬けは、昔からのどにいいことで知られています。そのほかにも、ゆずやイチゴ、レモン、アロエ、あるいはしょうがのはちみつ漬けなど、どれもそれぞれの味を楽しむことが可能です。

以下に手軽な、「イチゴのはちみつ漬け」のつくりかたをご紹介します。はちみつは、どれを用いてもおいしくできますが、素材本来の風味を生かすために穏やかな味のはちみつ(アカシアのはちみつなど)がいいかもしれません。

イチゴのはちみつ漬け
〈材料〉
●イチゴ・・・1キログラム
●はちみつ・・・1キログラム
●レモン汁・・・大さじ2

〈作り方〉
1.イチゴはきれいに洗って、へたをとり、レモン汁をからめておきます。

2.煮沸消毒したビンにイチゴ、はちみつを入れ、ふたをし、1週間ほど置きます。
*最初のうちは1日1回以上全体を混ぜ合わせます。

ほかの果物(金柑、カリン、アロエ、レモン、しょうがなど)でも同じように手軽におつくりいただけます。是非、お試し下さい。できあがったはちみつ漬けは、冬はお湯で薄めていただいてホットで、夏は冷やしてアイスでどうぞ!

スポンサードリンク