はちみつの効能とローヤルゼリー

甘味料

はちみつを甘味料として使用する場合についてです。

砂糖や水あめ、はちみつ、メープルシロップといった、甘みは、わたしたちにとってエネルギー源としての効果のみでなく、精神的な面でもきわめて大事な働きをもっています。食生活の多様化と健康志向(特に肥満対策)から、サッカリンやアスパルテームなどの人口甘味料が食品添加物として用いられるのも、単にエネルギー源としてのみでない、甘みがもつ、「心をほっとさせてくれる働き」ゆえでしょう。

現在、わたしが利用している甘味類は、天然甘味料と人口甘味料にわかれます。以下、その代表的なものをそれぞれあげてみましょう:

●砂糖
砂糖のなかにも色々なものがあり、精製の程度や形、色によってそれぞれに特徴があります。わたしがよく知っているものには、上白糖、グラニュー糖、角砂糖、氷砂糖、コーヒーシュガー、和三盆糖、三温糖、黒砂糖、などがあります。


●水あめ
サツマイモやジャガイモのでんぷんを原料とした甘味料です。でんぷんを麦芽酵素で糖化させたのが「麦芽あめ」の甘さは麦芽糖によるもので、その甘さは砂糖の約2分の1です。最近では、でんぷんを酸で酸化させたあめが多くなりました。こちらのほうが麦芽糖よりも甘みが強いからでしょう。

●はちみつ
主成分は果糖とブドウ糖です。消化が良く、胃腸に負担をかけません。蜂が花から集めてきた花の蜜なので、アカシア、レンゲ、みかんの花など、それぞれの花の種類によって味や香りを楽しめます。現在は、中国からの輸入が少なくありません。

スポンサードリンク