はちみつの効能とローヤルゼリー

肉料理とはちみつ

肉料理とはちみつは合うのでしょうか?

肉料理にはちみつをちょっとプラスすると、はちみつの主成分であるブドウ糖と果糖が肉の収縮を防ぎ、硬くなるのを防止することから、ジューシーでふっくらやわらかく仕上がることは、結構、知られています。
酢豚や照り焼きチキンの甘辛いタレにはちみつは絶妙のコクとつや、そしていやみのない甘さを生むことができるのです。

では、魚料理はどうでしょう?
はちみつは、魚料理にも、もちろん、大活躍します。はちみつには、砂糖と異なり蟻酸(ぎさん)という酸が含まれています。蟻酸は、赤ありやはちの体内にある刺激性の酸です。

はちみつの、砂糖とは異なる、独自の性質といえるでしょう。
このはちみつに含まれる酸が、魚のにおいの原因を抑制する働きをします。又はちみつの糖質の大部分を占める、ブドウ糖と果糖は、魚のたんぱく質に含まれるアミノ酸と反応し、魚独特の臭みを抑える働きもするのです。

健康のためにももっともっと食べて頂きたい魚料理。はちみつを使用することで、魚嫌いのお子さんや、魚のにおいが苦手という方がもっと楽しく魚を食べられるようになれば、でしょう。

たとえば、サーモンのマリネにはちみつを加えてみてはどうでしょう? はちみつにもいろいろありますが、マリネに使用するのならば、みかんのはちみつなどがいいかもしれません。柑橘系のさわやかな香りと、ちょっと甘酸っぱい風味が、マリネ液の酢のすっぱさに甘みとさわやかさをプラスして、おしゃれな料理にしてくれるのではないでしょうか?

スポンサードリンク