お肌のお手入れ方法−間違った洗顔

お肌のお手入れ方法−間違った洗顔

スポンサードリンク

効果的なお肌のお手入れ方法、「間違った洗顔」についてです。

正しい方法で洗顔することは、美しい素肌への近道であるといえます。
皆さんは、ちゃんと洗顔できていますか?

夜は、お化粧を落とすために、クレンジングをして、その後洗顔料を使用してしっかり洗顔している人は多いでしょう。

では、朝の洗顔はどうでしょう?

夜にちゃんと洗顔しているし、朝は水洗いだけ、という人は意外に多いのではないでしょうか。

これは、大きな間違いです。

夜、寝ている間もお肌は呼吸をしています。朝起きた時には、お肌には皮脂や老廃物がたっぷり付いた状態になっているのです。
この汚れは、水洗いのみではなかなか落ちません。

しっかり汚れが落ちていないままで、その上にメイクをして、外に出て紫外線を浴びると、くすみやシミ、シワの原因になってしまいかねません。

夜のみでなく、朝の洗顔も洗顔料を使用してしっかり洗顔しましょう。
お化粧のノリりも、確かに違ってくるでしょう。

洗顔する時は、冷たい水を使用するのは、お肌によくありません。

冷たい水で洗顔すると、お肌がきゅっと引き締まった感じがしますが、これは毛細血管が収縮してお肌が突っ張ってしまっているのみです。

洗顔に使用する水は、冷たくもなく、熱くもない、ぬるま湯が一番です。

温度でいうと、30℃〜34℃程度が適温ですが、乾燥肌の人はちょっと冷たい25℃くらい、脂性肌の人は35度程度で洗うとよいと思われます。

お風呂で洗顔をすると、体を洗うのと同じ温度のお湯を使用して洗顔すしてしまう人も多いでしょうが、面倒でも、洗顔する時はちょっと水を足してにして温度を下げたお湯を使いましょう。

スポンサードリンク