お肌のお手入れ方法−化粧水の付け方

お肌のお手入れ方法−化粧水の付け方

スポンサードリンク

効果的なお肌のお手入れ方法、「化粧水の付け方」についてです。

たいていの方が使用している化粧水ですが、その方法は意外と統一されていません。
化粧水をつける時、皆さんはどのような方法でつけていますか?

コットンを使用する人と、手で直接つける人の2つに分かれるのではないでしょうか。

「手でつけると衛生的でない」「コットンは肌に合わない」
「コットンでつけると化粧水がしみこんでしまうので、手の方が経済的」

という様々な意見があります。雑誌などでも様々なことを書いています。
いったいいずれが肌にとってよいの?とおもっている人は多いでしょう。

実際のところ、いずれでもよい、というのがその答えだでしょう。

自分の好みの方法でつければよいのですが、いずれも「良さ」が違います。
その時の肌のコンディションや、気分によって変更してみましょう。

手でつけるときは、体温をお肌に伝えることにより毛穴を開かせて、化粧水が浸透しやすくなります。
また、手の温もりで化粧水が温まり、お肌に優しくなります。

たっぷり丁寧につけたい時は、コットンがおすすめです。

コットンにたっぷり化粧水をしみ込ませて、下から上へ優しく滑らせるようにつけていきます。

鼻の部分は眉間から下へ、鼻筋へとつけていきましょう。

パッティングを行うときは、強くたたきすぎないように注意しましょう。

お肌の乾燥が気になる時は、化粧水をしみこませたコットンを目元や口元など、気になる部分に貼るコットンパックもお勧めです。
コットンパックは長い間顔の上に置いておくと、逆効果になることもあります。
5分程度、化粧水が乾いてしまわないくらいの時間にしておきましょう。

疲れている時や、肌荒れが気になる場合などに効果があります。ぜひ試して下さい。


スポンサードリンク