お肌のお手入れ方法−クレンジング

お肌のお手入れ方法−クレンジング

スポンサードリンク

効果的なお肌のお手入れ方法、今回は、「クレンジング」についてです。

美しい素肌を作るための毎日のお手入れの中で、最も大切なことは洗顔です。

どういうに品質の良い化粧水や美容液を使用していても、お肌の汚れをちゃんと落としきれていないととその機能は十分に発揮されません。汚れがちゃんと落ちていないと、肌トラブルの原因にもなってしまいます。

美しい素肌を手に入れるためには、お肌の汚れはしっかり落としてなおかつお肌を傷めない、そういう洗顔が必要です。

メイクをしている人は、クレンジングが必要です。
軽いメイクだから・・という人も、必ずクレンジングは行って下さい。
メイクを落としたら、必ず洗顔料で顔を洗います。クレンジングだけも良くありません。
日焼け止めを使用している人も同様です。
日焼け止めは想像以上に落ちにくいものです。最近では、専用のクレンジングを出しているところもあります。

1本でクレンジングと洗顔ができる、という洗顔料もあるようですが、お肌のためには面倒くさがらずにクレンジングと洗顔料を分けて使用するようにしましょう。
その方が、お肌への負担も少なく、メイクもしっかり落とすことが可能です。

最近、クレンジング剤には、オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなど、いろいろなタイプがあります。

お肌への負担のことを考えると、クリームタイプや乳液状がおすすめです。
オイルクレンジングも良さそうですが、オイルは予想以上にお肌に負担がかかるといわれています。
また、拭き取りシートタイプのものは、最も刺激が強いといえます。ポイントを落とすときなどには便利ですが、こすらずに、メイクを溶かして落とすという気持ちで使いましょう。

次に、お肌に優しいクレンジング方法を紹介します。

まず、クレンジング剤は多めに使います。クレンジングする時は、お顔の皮膚は動かさない程度に、優しくマッサージするように滑らせていきます。クレンジング剤の量が少なすぎると、マッサージしている場合に、摩擦が強くなり余計な負担となります。

順番は、Tゾーンから始めます。皮膚が厚いおでこ、眉間、鼻の順です。
次に頬やあごに進み、最後に皮膚が弱い部分、目元や口元を丁寧に落としていきます。

洗い流す時は、ぬるま湯を使います。熱いお湯を使用すると、保湿成分までも落ちてしまうのでよくありません。

クレンジングにかける時間は、1分程度です。
クレンジング剤を長くお肌につけていると負担になってくるので、時間のかけすぎにも注意しましょう。

スポンサードリンク