秋と冬のお肌のお手入れ方法

秋と冬のお肌のお手入れ方法

スポンサードリンク

秋と冬のお肌のお手入れ方法はどのようにすればよいのでしょうか。

皆さんは、美しい素肌を目指し努力しているとおもっていても、一年を通して同じスキンケア方法をしている方も多いのではないのでしょうか。

日本の季候は四季があり、寒く乾燥している季節もあれば、暑く湿気が多い季節もあります。

季節に応じたスキンケア方法でお手入れすることが、美しい素肌のためには大事です。

春は敏感肌になりやすいので、洗顔をしっかりして、乾燥対策をしておきましょう。暑い夏は、紫外線と日焼け対策が重要です。

では、夏の強い日差しを浴びてダメージを受けた夏が過ぎて、秋にはどのようなケアが必要なのでしょうか。

秋は、気温が低下してお肌にも優しい季節になってきます。

ですが、夏の間の紫外線から肌を守るために角質が厚くなっており、ゴワゴワしている肌もあります。
気温の変化とともに肌の新陳代謝が低下してきます。角質層の保水力も低下し、乾燥しやすくなっています。
また、夏の紫外線を受け、メラニン色素が濃くなり、一時的にしみができることもあります。

秋は、四季の中では最もお肌へのダメージが少ない季節ですが、過ごしやすい季節はほんのちょっとで、気温が低下していくに従って、空気が乾燥してくるので、時期を見て、保湿効果のある化粧品に変更していくのが好ましいでしょう。

必要に応じて、乾燥しやすい目元や口元など、部分的に保湿効果の高い化粧品を使用するようにしましょう。

気温の低下とともに、皮膚温も低下するため、血液の循環が悪くなり、肌がくすみやすくなります。

皮脂膜の減少、保湿機能の低下により肌が乾燥しやすくなります。暖房により、さらに乾燥が続くと、小じわが気になるようになってきます。

冬はやはり、保湿に重点をおいたスキンケアが大事です。

ローションパックなどで、お肌の乾燥を積極的に防ぐ必要があります。

目元や口元など、お肌が弱くシワになりやすい部分は、特に注意してください。

お部屋の空気を乾燥させないことも大事なポイントです。
空気の乾燥はお肌に良くないのみでなく、風邪もひきやすくなります。
加湿器を使用するなど、お部屋に適度な湿度を与えておきましょう。

スポンサードリンク