紫外線A波とB波

紫外線A波とB波

スポンサードリンク

紫外線A波とB波について説明したいと思います。

寒い冬が終わり、春が近づいて温かくなってくるのは嬉しいことですが、それと同時に、紫外線が気になる季節になります。

3月から9月にかけては、紫外線の量がとても増加する時期です。

紫外線はシミや乾燥、シワやたるみなど、さまざまなお肌のトラブルの原因になるといわれています。

紫外線対策の方法をしっかり知っておくことが、美しい素肌のためには必要になってきます。
まずは紫外線について知っておきましょう。

紫外線にはA波とB波があります。

普通、日焼けと呼んでいるのは紫外線B波によるものです。
表皮と真皮の間にあるメラノサイトにメラニンを作らせ、肌を黒くしてしまいます。

B波は、日傘や帽子である程度防止することが可能です。少しした心がけで日焼けを防止することができるという訳です。
もし日焼けしてしまったときは、冷やしてから保水します。

そして、美しい素肌の敵といえるのが、A波です。

A波はお肌にとって重要なコラーゲンを破壊してしまいます。

コラーゲンが破壊されてしまうと、お肌は保水力を失います。そのため新陳代謝が乱れ、肌の透明感がなくなり、見た目にもカサカサしてきてしまいます。

そのままの状態にしておくと、お肌はハリを失い、くすみが生じるなど、老化への道をたどってしまうことになってきます。

恐ろしい紫外線A波ですが、A波は曇りや、UVカットガラスも突き抜けてしまうといわれています。そのため、家の中や、車の中にいるからと安心していられません。

見た目には変化はなくても、肌の下には、シミの元になるメラニンが蓄積されてしまいます。

紫外線が強くなってくる季節には、たとえ外出しない日でも、日焼け止めを塗るなどして、常日頃から紫外線対策をしておくことが大切です。

スポンサードリンク