春と夏のお肌のお手入れ方法

春と夏のお肌のお手入れ方法

スポンサードリンク

春と夏のお肌のお手入れ方法についてごしょうかいします。

美しい素肌のためには毎日のお手入れが大事ですが、お手入れ方法は1年中同じではありません。
お手入れ方法は、季節の移り変わりによって適切に変更していきましょう。

春は、あたたかな気候になり、気持ちも楽しくなる季節です。

寒くて乾燥している冬から、少しずつ気温が上がるにつれ、皮脂の働きが活発になり、皮脂量が増えていきます。新陳代謝が急に活発になり、肌の状態は不安定になってきます。

また、気温の上昇により血液の循環も良くなって、皮脂のみではなく汗の量も増えます。
ホルモンや自律神経のアンバランスを招きやすくなり、肌は過敏になってきます。また、チリやホコリなどで、にきびなどが出やすくなります。ですので、春は毎日のお手入れに注意が必要な季節になってきます。

皮脂分泌が活発になるので、洗顔はしっかり行いましょう。
乾燥しているときは、化粧水をたっぷりと補給し、乳液やクリームでの仕上げも念入りに行いましょう。

また、紫外線が増加する季節です。少しずつお出かけなどにはUV効果のある化粧品を使用していきましょう。

夏になると、気になるのは紫外線と日焼けです。

湿度が高いので、肌が乾燥する心配は少ないですが、皮脂や汗の過剰な分泌により毛穴が開き気味になってきます。
また、冷房の効いた室内で過ごすことが多いと、血行がわるくなったり、新陳代謝が低下したりすることもあります。また、冷房による乾燥で肌の水分が奪われてしまうこともあります。

また、汗で細菌が繁殖しやすくなって、吹き出物や肌荒れの原因になりやすいので丁寧な洗顔が大事です。

紫外線と日焼け対策として、日焼け止めのみではなく、乳液やファンデーションなども、UV効果があるものを使用するようするとさらに安心です。

また、虫さされの跡が、シミの原因にもなるときがあります。
かゆいからといって、かきむしったりしないように、お肌を傷つけないように気をつけて下さい。

スポンサードリンク