乾燥肌のための基礎化粧品

乾燥肌のための基礎化粧品

スポンサードリンク

乾燥肌のための基礎化粧品について考えてみましょう。

冬になるとお肌がカサカサして、ひどい時にはかきむしってしまうときも・・・そういう乾燥肌に悩まされている人は意外と多いのではないでしょうか。
乾燥肌は、しわや吹き出物など、肌トラブルの原因にもなりますので、ぜひとも改善しておきたいもののひとつです。

私達の肌の表面には、「角質層」というお肌の水分を逃がさないようにする働きをもつ部分があります。

角質層には、「皮脂」「天然保湿因子」「細胞間脂質」という3つの潤い成分が備わっています。この成分は年齢と共に少なくなってきてしまいます。

さらに紫外線などによりお肌が乾燥すると、この成分がうまく働かなくなって、乾燥した状態が長く続いてしまうのです。

乾燥肌は、体の皮脂量と水分が不足している状態ということなので、水分補給をしっかりすることも必要です。

洗顔の後は、なるべく早く化粧水をつけるなど早めにケアしましょう。
乾燥がひどいときは、化粧水や乳液、美容液など、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿効果が含まれているものに変更してみてもよいかもしれません。

コットンを使用すると少なからずお肌をこすることになるので、化粧水は手でつけるようにしましょう。デリケートな乾燥肌のときは、保湿成分をお肌に浸透させるように、手のひらで押さえるように優しくパッティングしていきましょう。

化粧水も何度かなじませると効果的です。その後、乳液、美容液をつけ、最後にクリームを塗って保湿成分が逃げないようにしっかりフタをしておきましょう。

化粧水の量は多いかな、と思うくらいが良いですが、油分の多いクリームは、つけ過ぎるとにきびの原因にもなるので注意しましょう。美しい素肌を目指すのなら、油分の補給は乾燥しているポイントだけにしておいたほうがいいです。

乾燥肌は、正しいお手入れ方法を行っていれば、必ず改善できます。
諦めないで、こまめなケアを地道に続けて、美しい素肌を手に入れましょう。

スポンサードリンク