iPhone 日本発売!

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

iPhoneとは?


2007年6月29日、各テレビ局が一斉に、アメリカのとある人だかりにカメラを向けていました。
そこで皆が手にしていた物が、iPhoneと呼ばれる携帯電話でした。
この光景を見た多くの日本人は、最初「え? 何で携帯電話にそういう人だかりができてるんだ?」と思った事でしょう。
それには、相応の理由があったのです。

このiPhoneという携帯電話は、パソコンのマッキントッシュや携帯音楽プレイヤーのiPodでも著名なアップル社が開発した物です。
これがまず理由の一つとなります。
アップル社と言えば、デジタル家電製品分野において世界トップクラスの地位にいる企業です。
そのブランド力のみで十分過ぎるほどの求心力があります。
そこに、現代の若い層にとって命の次に重要な、さまざまな機能を持った携帯電話が加わったら、誰もが飛びつくのは当然の事。
人だかりもできるというものです。

次に、iPhoneの特徴が挙げられるでしょう。
これまで携帯電話の入力は、長らくキーパッドが使用されていました。
しかし、このiPhoneはキーパッドではなくタッチパネルが使用されているのです。
従来のテンキーパッドとは違い、このタッチパネルは画面上に表示されているものに触れる事で入力できるので、より直感的な使用が可能となり、使いやすい上にわかりやすく、また機能上ハイテクノロジーを感じる事ができるので、ATMなどさまざまなところで採用されている技術です。
この技術が導入された事で、これまでとはiPhoneはこれまでにない操作性と機能を持った携帯電話として注目されたのです。
author by kaolin
comments (0) | trackback (0)

iPhoneの主な機能


iPhoneには、従来の携帯電話を上回る多彩な機能があります。
携帯電話というより、携帯電話の機能を有した小型パソコンといった方がいいかもしれません。

まず主な機能としては、当然ですが電話です。
GSMの提供されている、世界のほとんどの地域で使用が可能です。

次に、無線アクセスの内蔵による無線の使用です。
Wi-Fi無線LAN、EDGE、GPRS、無線WANといったさまざまな規格の無線が内蔵されています。

従来の携帯電話にある静止画像、動画を撮れるカメラ、メール機能、インターネット閲覧も当然行えます。
写真は拡大や回転などの操作も可能です。

SMSという、iチャット形式のふきだしを使用した対話形式のメッセージ機能もあります。

また、アップル社はさまざまな会社と提携しており、その会社のツールや、ツールに最適化した機能を使用する事ができます。
例えば、動画に関しては、Youtubeと提携しているので、YoutubeをiPhoneに最適化した形で閲覧する事ができます。
他にもGoogleと提携しているので、iPhoneに最適化したGoogle Mapsを見ることが可能です。
地図を見るのに本屋に駆け込む時代ではないという事でしょう。

この他にも、天気予報や株価をリアルタイムで見られるウィジェットが内蔵されていたり、センサーがついていたりします。

そして、iPhone一番の売りと言ってもいいのが、音楽です。
iPodを世界に普及させたアップル社ですので、当然音楽面におけるノウハウは他の会社の比ではないでしょう。

まだ発売されて間もないので、iPhonebの機能はこれからも更に増え続けていくでしょう。
author by kaolin
comments (0) | trackback (0)

iPhoneの電話機能


iPhoneは、誰がどう見ても携帯電話です。
実際、アップル社の携帯電話という事で話題になったのですので、そこに異論の余地はないでしょう。
しかし、実際はどうかというと、携帯電話としての価値以上に、他の機能に関する需要が強いようです。

というのも、iPhoneが発売されてまもなく、アップル社はiPhoneから電話機能を除去したモデルを発売したからです。
これは、『iPod touch』と呼ばれる商品です。

携帯電話から電話の機能を取り除くというのは、本末転倒も甚だしい様な感じがします。
例えるなら、肉を抜いたハンバーガーといったところでしょうか。
しかし、アップル社のこの姿勢には明確な意図がありました。

iPhoneの発売が決定した際、このiPhoneはiPodに電話の機能が付いた物、というニュアンスで紹介されていました。
ただ、アップル社にとっては、そうではなかったようです。
電話機能はオマケ、いや、注目される為の要素の一つに過ぎない、といったところでしょうか。

今や、若者は携帯電話に完全に依存している状態です。
パソコンや音楽携帯プレイヤーの役目すらも担い、携帯を持っていれば他には何もいらないというくらい、機能が充実しています。
アップル社はそこに目を向け、若者へのアピールを重視してiPhoneを発売したと言えます。
しかし、『iPod touch』の発売を考えると、携帯電話を売っていこうというよりは、iPodの最新バージョンを売り出したいという意図があったように思えます。
author by kaolin
comments (0) | trackback (0)