イタリアンレシピ教室

サイトマップ

基本のピッツァのレシピ

スポンサードリンク

基本のピッツァのレシピをご紹介します。

小麦粉をこねて丸く、薄くした生地の上に色々な具をのせたものをピッツァ(Pizza)といいます。イタリアからアメリカへと広まり、今では色々な具、形、ソースのものが世界中で親しまれています。

生地にトマトソースを薄く塗り、野菜や肉、魚介などの具とチーズをのせたものが定番ですが、トマトソースを用いないピッツァやチーズを使わないものもあります。トマトソースを用いないものを「ビアンカ」といいます。

アメリカのピッツァはイタリアのものと比べ生地が厚いパンピッツァが主流です。中でも特に高さのあるパンを用い、チーズや具がたっぷりのものを「シカゴピッツァ」と言うそうです。

ここでは、イタリア流の薄いピッツァをご紹介します。エキストラ・バージン・オイル、トマトソース、モッツァレッラチーズ・・・とイタリアを代表する食材で頂きましょう。

ピッツァ

◆材料(1枚分)
◆ピッツァ生地
・強力粉・・・150g
・ぬるま湯・・・90cc
・インスタントドライイースト・・・5g
・塩・・・3g
・エクストラ・バージン・オイル・・・大さじ1
・砂糖・・・小さじ2/3

◆ピッツァソース
・トマト・・・200g
・玉ネギ・・・1/2個
・ニンニク・・・1片
・トマトジュース・・・1カップ
・エクストラ・バージン・オイル・・・大さじ2
・ローリエ・・・1枚
・固形スープの素・・・1個
・砂糖・・・小さじ1
・塩、コショウ・・・適宜

◆具(お好みで!)
・玉ネギ・・・1/2個
・マッシュルーム・・・100g
・ピーマン・・・2個
・アンチョビ・・・8切れ(缶詰、瓶詰のものでok)
・サラミソーセージ又は生ハム・・・100g
・ゆで卵・・・2個
・モッツァレッラチーズ・・・200g

◆作り方
◆ピッツァ生地を作りましょう。
1.強力粉・塩・砂糖を合わせてふるいます。
2.インスタントドライイーストはぬるま湯を加えます。
3.1と2にオリーブオイル大さじ1を加えてよくこねます。
4.ボウルにサラダ油(分量外)を薄く塗ります。そのなかに3を入れ、ぬれ布巾をかけて、寝かせます。
◆約2倍にふくらむまで、温かい場所に置いて発酵させます。

◆ピッツァソースを作りましょう。
1.玉ネギ、ニンニクはみじん切りにします。
2.オリーブオイルで、1の玉ネギとニンニク、ローリエをよく炒めます。
3.粗みじんにしたトマトを加えてさらに炒めます。
4.トマトジュース、砂糖、固型スープを加えて煮込み、塩、コショウで調味します。

◆ピッツァを作ります。
1.ピッツァ生地を直径25センチほどに丸くのばし、サラダ油(分量外)を薄くぬったオーブン皿にのせます。
2.1の上にピッツァソースを全面にのばし、具をのせます。
◆タマネギ、マッシュルーム、は薄くスライスします。
◆ゆで卵は輪切りに、サラミソーセージ(生ハム)、ピーマン、アンチョビーも食べやすい大きさに切ります。
3.最後に薄切りのモッツァレラチーズを散らして、220℃に予熱したオーブンで約15分焼きます。

スポンサードリンク