ズッキーニを使ったレシピ

ズッキーニを使ったレシピ

スポンサードリンク

どこのスーパーでも見かけるようになった、ポピュラーな食材、ズッキーニを使って、おいしい料理を作ってみましょう。

最近のスーパーの野菜売り場では、たくさんの新顔を見かけるようになりました。お馴染みの緑色のピーマンのみでなく黄色や赤色のカラフルなピーマン、フルーツトマト。

そしてきゅうりのようなかぼちゃのような・・・ズッキーニ。 もの珍しから買ってきてはみたものの、どう調理していいかわからない、ということが多いのではないでしょうか?

ズッキーニ(イタリア語では「ズッキーナ」、フランス語では「クールジェット」)は、イタリアンやフランス料理の定番の食材です。見た目はキュウリに似ていますが、生食には向きません。じっくりと煮込むと、とろとろになり、舌触りがこたえられません。ズッキーニを使用した料理といえば、南フランスの「ラタトゥユ」が著名です。大量のオリーブオイルで炒め煮にします。水分をいっさい加えないことで野菜本来の甘みを楽しむ料理です。イタリアでは、「ラタトゥユ」に似た料理としてナスを使用した「カポナータ」があります。

煮込むとおいしいズッキーニの特性を活かし、オリーブオイルとトマトソースで仕上げたイタリアンをご紹介します。

◆材料(4人分)
・ズッキーニ・・・(小)2本
・トマト水煮缶・・・1/2缶
・玉ネギ・・・1/2個
・ニンニク・・・1/2片
・オリーブオイル・・・大さじ3
・スープ・・・200cc
・トマト(飾り用)・・・1/2個
・塩、コショウ・・・適宜

◆作り方
1.ズッキーニは皮をむき、1.5cm厚さの輪切りにします。
2.玉ネギとニンニクはみじん切りにし、トマトの水煮も細かく切ります。
3.鍋にオリーブオイルを熱し、玉ネギとニンニクを香りが出るまでよく炒め、ズッキーニも加えてさらに炒めます。
4.3にトマトの水煮を加え、スープも入れて約10分煮ます。最後に塩、コショウで味を調え、お皿に盛ります。
5.トマト(飾り用)は湯むきして皮と種を取り除き、切って、4にトッピングします。

◆ズッキーニはあまり大きくない、皮の柔らかいもののほうが良質です。大きなものは切り分けて、中をくり抜き、詰め物の器にすると良いです。

スポンサードリンク