チャンボッタのレシピ

チャンボッタのレシピ

スポンサードリンク

今回は、「チャンボッタ」のレシピのご紹介です。

フランスの南プロヴァンスやニースの料理の「ラタトゥユ」は、ズッキーニやナス、ピーマンなどをオリーブオイルで炒め、トマトとワインで煮込んだ料理です。「ラタトゥユ」の「ラタ」とは、「ごった煮」、「トゥユ」は、「かき混ぜる」を意味します。野菜のごった煮といったところでしょうか。イタリアにも同様な野菜の料理があります。

たとえば、「カポナータ」は、シチリア半島の伝統的なナスの料理です。ナスの甘酢煮といった感じです。

このカポナータに似た炒め煮は、イタリアの地中海地方各地でよく見かけます。カンパニア地方(ポンペイ遺跡で著名です)には、夏野菜のナス、ズッキーニ、玉ネギ、トマトを煮込んだ「チャンボッタCianfotta」という郷土料理があります。

◆材料(4人分)
・ナス・・・2本
・赤ピーマン・黄ピーマン・・・各2個ずつ
・セロリ・・・1本
・ズッキーニ(小)・・・2本
・プチトマト・・・たくさん!
・玉ネギ・・・1/2個
・ニンニク・・・1片
・塩、コショウ・・・適量
・オリーブオイル(エキストラバージン)・・・炒める用:大さじ3/トマトソース用:大さじ3
・バジルのみじん切り・・・適量

◆野菜は、ニンジン、じゃがいも、アスパラ・・・何でもお好みのものをお好みの分量加えて下さい。

◆作り方
1.各野菜は、食べやすい大きさに切ります。
2.フライパンに、つぶしたニンニク、オリーブオイル(炒める用大さじ3)を加え、ニンニクの香りが移ったら、ナス以外の野菜を加えて炒めます。
◆ナスは、油と相性が良すぎる?ため、最初に入れると油をすべて吸ってしまい、他に回らなくなってしまうので最後に入れます。
3.ある程度炒まったら、ナスを加えます。塩で味を調えながら、さらにしんなりするまでよく炒めます。
4.トマトソースを作りましょう。
(1)別の鍋に、オリーブオイル(トマトソース用大さじ3)、みじん切りにした玉ネギ、塩少々を加え、火にかけ炒めます。
(2)玉ネギがしんなりし、透き通ってきたら、プチトマトを大量に投入します。これでフレッシュトマトソースの完成です。
5.フレッシュトマトソースができたら、3の炒めた野菜によく混ぜます。
6.お皿に盛り、食べる直前に、たっぷりのバジルを散らして召し上がれ!

◆熱々でも、又は冷やして前菜にしてもOKです。また、パスタの上にかけたり、ポーチドエッグをのせて崩しながら食べると黄身が絡んでまろやかな舌触りが新鮮です!

スポンサードリンク