女性と子供のための防犯グッズ

警報アラームの使用方法

今回は、「警報アラーム」についてです。

さてこの警報アラームなんですが、実際使用するとなると上手くいきません。お守り代わりのような存在になってしまい勝ちですが、自宅での練習が必要です。
ほとんどのお子さんがランドセルの横に引っ掛けています。塾用に持っているお子さんはバッグの取っ手に付いています。

バッグの取っ手ならばすぐに手が届きそうなので良いのですが、ランドセルの横に引っ掛けてあるのみだと、いざという時に取れません。
実際私が危険な目にあった時は、カバンの中に入れていたので何の意味もなかったです。
ということで、今はランドセルの方紐部分に付くタイプも出ています。ちょうど子供の肩よりちょっと前側に付くようです。
さっと紐が抜けるよう訓練も必要です。

きっと電車の中で会う痴漢の場合と同様に、子供が変な事件に巻き込まれようとしていても声はなかなか出せません。
そういう時のための防犯グッズであり警報アラームです。自宅で是非練習しましょう。
では、どのように練習するかと言いますと、実際にランドセルを背負いながらやってみましょう。

どの位置が一番金具を引きやすいかも確認してみましょう。右利きか左利きかによってもまた変わってきます。
背後から襲われるかもしれない、あるいは前からかもしれない、といったさまざまなパターンで訓練しすると良いかもしれません。

塾などだと夜が少なくありません。今は送り迎えをされる方も多いでしょう。ほんのちょっとの距離だと歩いて帰る子供もいます。
そういう時は蛍光色や光るタイプの警報アラームをオススメします。

スポンサードリンク