熟年離婚と年金分割ブログ

熟年離婚の年金分割と慰謝料についてのブログ

<< November 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

熟年離婚の心構え





今回は、熟年離婚の心構えについてです。

最近、年金分割制度も導入されたことから注目を浴びている熟年離婚、20年以上連れ添った夫婦が定年退職や子供の自立をきっかけに離婚をしている人が多いです。

しかし、この年金分割があるというだけで安易に離婚を選択しないようにしてください。特に熟年離婚の場合は離婚するまでに準備と心構えが必要になると思います。
熟年離婚の場合、離婚を言い出すのは妻側が多く、夫にとっては予想外のことに違いありません。
夫は今まで仕事にかまけて、家にいなかったり、家庭を省みなかったりしている人も多いため、その不満を募らせた妻が爆発して離婚と言うことになるケースが多いです。

熟年離婚の場合、年齢や地位的なものから財産や資産があるために離婚はもめてしまうケースが多いと言います。妻から急に離婚を言い渡されて夫が全力で反論してしまうからかもしれません。

また、離婚をすることに対してエネルギーを使い果たすと離婚後のギャップに悩まされるケースも少なくはありません。
専業主婦として生きてきた人が急に社会にでても雇ってくれるところはあまりないのが現実です。
独り暮らしも寂しいですし誰かに頼りたいと思っても子供が結婚でもしているとそれも難しいと思います。
ですから、まずよく離婚後の生活のシミュレーションをしておくことが必要だと思います

またお金に対するシミュレーションも大事です。離婚後に住む場所、生活費、収入などを算出しておきましょう。
離婚後にいただく予定の慰謝料や財産分与なども算出時に入れといてシミュレーションしておくことも大事です。

年金分割があるとしても到底それだけでは暮らせる額ではありませんので、事前にシミュレーションなど心の準備をきっちりしておくことが必要です。
熟年離婚の準備 | - | trackback (0)

離婚の準備





今回は、離婚の準備についてです。離婚をするときには準備が必要だと思います。

実家がある場合なら離婚後その実家に住む、子供の面倒をみてもらえるなどフォローをしてもらえる可能性があります。
しかし、熟年夫婦の場合、頼る親が既に他界している可能性も高く、実家に頼れない場合、子供に頼るなど逆に準備は用意周到に行っておく必要があります。


また、子供が自立をしているならいいのですがそうじゃない場合、親権や養育費など問題も出てくると思うので色々考慮して離婚を考える必要があるのではないかと思います。

この慰謝料や財産分与などは一定のルールに従って金額が算出されるようになっています。たいていの場合は慰謝料などの支払いは現金で行うと思います。しかしその慰謝料が高額の場合は財産分与などと一緒にして取り決めをしてしまう可能性があります。この財産分与が不動産物件の場合は譲渡所得税がかかる場合もありますので、受け取る際には注意が必要だと思います。

熟年離婚の場合は、年齢的、社会的地位からいっても財産があるひとがいると思いますので、この点はかなり慎重に行うべきだと思います。

また、熟年離婚では離婚後の生活に困る場合もあります。離婚に応じない場合、別居にする場合があると思いますがこの別居が離婚を前提したものである場合でなくても相手の生活費をきちんと負担する必要があると思いますのでこの点も協議した上で書面上に残しておいた方があとでトラブルにならなくていいと思います。
熟年離婚の準備 | - | trackback (0)

熟年離婚の増加





次は、熟年離婚の増加についての話題です。

離婚と言うと今やなんにも感じないくらいに多くの人がしていると思います。
だいたい多いのは結婚5年未満の夫婦の離婚率が多いのではないかと思います。
しかし、近年変わってきたことと言うと結婚20年以上のいわゆる熟年と言われる夫婦による離婚が増えていると言うことです。
子育ても一段落ついたし、夫も仕事を定年退職したし、自分も第二の人生を歩みたいわと言う人がふえてきているようです。

離婚は考えているよりいいものではなく、女性の場合は経済面での心配、男性の場合は生活(家事)面での心配が懸念されます。

本当に離婚をしようと考えている方は離婚時に発生する慰謝料など金銭に関する支払いの取り決めをきちんとしておく必要があります。

多くのケースの場合、夫婦の一方から一方へお金が支払われます。短期間にまとめて支払われるお金を「一時金」と呼び、慰謝料や財産分与がこれにあたります。
定期的に支払われるお金を「定期金」と呼び養育費などがこれにあたります。
情などで金銭の授受を書面などで取り決めなかったために離婚後に結局途中で支払われなくなったなどするケースもあります。そうならないためにも金銭に関してはきちんと書面で取り決めをしておくほうが割りきって支払われるのではないかと思います。実際、きちんと取り決めをした夫婦の支払い率は高いそうです。

離婚後の生活は厳しくなる可能性が大きいですのでぜひ離婚するときには金銭に関してはきちんと取り決めをするようにしておくことをおすすめします。
熟年離婚のトピック | - | trackback (0)
CATEGORIES
NEW ENTRIES
PROFILE