熟年離婚と年金分割ブログ

熟年離婚の年金分割と慰謝料についてのブログ

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

熟年離婚の増加





次は、熟年離婚の増加についての話題です。

離婚と言うと今やなんにも感じないくらいに多くの人がしていると思います。
だいたい多いのは結婚5年未満の夫婦の離婚率が多いのではないかと思います。
しかし、近年変わってきたことと言うと結婚20年以上のいわゆる熟年と言われる夫婦による離婚が増えていると言うことです。
子育ても一段落ついたし、夫も仕事を定年退職したし、自分も第二の人生を歩みたいわと言う人がふえてきているようです。

離婚は考えているよりいいものではなく、女性の場合は経済面での心配、男性の場合は生活(家事)面での心配が懸念されます。

本当に離婚をしようと考えている方は離婚時に発生する慰謝料など金銭に関する支払いの取り決めをきちんとしておく必要があります。

多くのケースの場合、夫婦の一方から一方へお金が支払われます。短期間にまとめて支払われるお金を「一時金」と呼び、慰謝料や財産分与がこれにあたります。
定期的に支払われるお金を「定期金」と呼び養育費などがこれにあたります。
情などで金銭の授受を書面などで取り決めなかったために離婚後に結局途中で支払われなくなったなどするケースもあります。そうならないためにも金銭に関してはきちんと書面で取り決めをしておくほうが割りきって支払われるのではないかと思います。実際、きちんと取り決めをした夫婦の支払い率は高いそうです。

離婚後の生活は厳しくなる可能性が大きいですのでぜひ離婚するときには金銭に関してはきちんと取り決めをするようにしておくことをおすすめします。
熟年離婚のトピック | - | trackback (0)

熟年離婚が事実婚の場合





今回は、熟年離婚が事実婚のケースについて見てみることにします。

熟年離婚の場合、慰謝料や財産分与など金銭に関わる授受の取り決めというのはしっかりしていかなくてはならないと思います。ましてやこれがきちんと籍を入れていた訳ではなく事実婚だった場合、財産分与はともかく、慰謝料なんかはきちっと支払わなければならないと思うのです。

また、慰謝料の他に熟年世代といったら年金分割も視野に入れていると思います。しかし事実婚の場合はこの年金分割も対象になるかどうかは不安ですよね。ここで少し触れてみたいと思います。

事実婚の場合ですが、妻側が例えば働いていたとしたら無理なのですが、専業主婦として旦那の扶養に入っていた場合に限り分割対象になるということみたいなのです。

事実婚は婚姻関係の始まりと終わりがはっきりしないために、こういった扶養に入る入らないを基準にして分割対象期間を決定するということになります。
分割対象から外れるのは事実婚の場合は、扶養から外れた場合ということになります。

また、事実婚を解消して結婚した場合でも事実婚でいる期間の分割対象は認められるので心配する必要はないと思いますが、あくまでもこれは扶養に入っているというときなので注意してくださいね。

事実婚の場合は、法律上の婚姻関係にはなっていないため色々と大変なこともあるかと思いますが、事実婚として認められているとそれなりの慰謝料や財産分与もきちっとした形でできると思いますので、調べた上で対処してもらうようにしましょう。
熟年離婚のトピック | - | trackback (0)

熟年離婚を防ぐために





熟年離婚を防ぐためにはどのようなことがあるのでしょうか。

現在、熟年夫婦における離婚率は高まってきています。
なぜかと言うと慰謝料や財産分与の他に年金分割制度と言うものができたからだとされています。

それを心の支えにしているケースも少なくないと思います。しかしこの年金分割にはいくつかの注意点がありますのでご紹介します。

まず、分与された年金を受け取れるのはあくまでも受けとる側が年金を受け取れる年齢になってからだと言うことを忘れないようにしなくてはなりません。

また、分割される年金は「厚生年金」が対象になります。「国民年金」は分割対象外なのでその点も注意しておかなければなりません。さらに分割される厚生年金は婚姻期間中に支払ったものに対してのみ分割対象になりますので注意が必要です。

また、この年金分割制度と言うのは老後の生活を確保するために制定された制度です。
共働きだった夫婦の平均月給の合計の半額を上限として年金が分割されます。
ですので給料が多い方が少ない方に分割金を支払うといった形になるのですから場合によっては男女逆になるケースもあります。

こういう状況にならないためにも熟年離婚を防ぐ方向で考えてみるのはいかがでしょうか?大切なのは夫婦間の会話だと思います。
長年連れ添っているのだから言わなくても分かるなんて考えは今すぐ捨てましょう。
そう考えて相手が分かってくれてないとすれ違いになってしまいます。
言わなきゃ分からないと考え直して会話をするようにすれば今までのすれ違いも無くなってきて、離婚も防ぐことができ、年金分割や慰謝料など考えなくてもよくなりますよ。
熟年離婚のトピック | - | trackback (0)
CATEGORIES
NEW ENTRIES
PROFILE