熟年離婚と年金分割ブログ

熟年離婚の年金分割と慰謝料についてのブログ

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

熟年離婚の意味





「熟年離婚」と聞くと高齢者の方が離婚するときに指す言葉のようなイメージがありますが、違うようです。
熟年離婚は結婚20年以上経っている夫婦が離婚することを指している言葉です。決して年代を指している訳ではなさそうです。

長年生活を共にして連れ添ってきた夫婦では年月を重ねてくるほど結婚生活が熟してきます。その頃長年積み重なってきた不満に耐えかねなくなり「離婚」という形を取るようです。それが「熟年離婚」の大きな意味合いのようです。

しかし、昔は今のように「熟年離婚」は多くはなかったようです。なぜなら年金の問題があったからです。仕事をしていない方(妻の場合が多い)が損をするようになり離婚後の生活に支障をきたすという問題から離婚を踏みとどまっている場合が多かったのですが、今は「財産分与」という制度ができたことから離婚に踏みきりやすくなったように感じます。

嫌な話ですが「熟年離婚」を視野に入れて生活設計をしている方もいるとかいないとか。嫌な話ですね。

離婚の慰謝料は精神的苦痛に対して支払われる賠償請求額のことですが、熟年離婚の場合は結婚生活が長い分その苦痛も積み重なっていると思います。

例えば今まで仕事でほとんど家にいなかったご主人が定年退職を機に家に長くいるようななり、それで妻がストレスを貯めてしまい離婚をすると言った話をよく聞きますが、この場合は妻の勝手な感情だけで決断した離婚ですので慰謝料と言うのは取れません。
しかし、その家にいるときにご主人から言葉や態度で苦痛を与えられているのであれば充分慰謝料請求の対象になると思います。
熟年離婚のトピック | - | trackback (0)

熟年離婚をするきっかけ





「離婚」を一度も考えたことがないという人は少ないと思います。きっかけさえあれば離婚したいという人は今の時代たくさんいると思われ、本当に辛い世の中になってきたなぁと感じてきます。

熟年離婚の場合、性格の不一致や暴力、浮気など長年に渡って与え続けられた精神的苦痛を一気に爆発させ、突然配偶者に離婚を言い渡すというケースが多く、言われた側にとっては突然言われるものだから晴天の霹靂といった感じになるかもしれません。

一度切り出した離婚話を阻止することは非常に困難なことです。
長年精神的苦痛をためてきてやっとめぐってきたチャンスなのですから言った方もなかなか頑固だと思います。

上記のように記述していると奥さんが旦那さんに対して離婚を言い渡すというイメージを持つと思いますが、逆のケースももちろんありますので注意が必要です。

「うちの妻に限って」「うちの旦那に限って」など根拠がない考えは持たないようにしましょう。

離婚をいざするときですが以下のことに気を付けましょう。

【慰謝料】
慰謝料が発生するケースは離婚理由によってさまざまだと思います。
しかし証拠が必要ですので浮気など証拠がとれるようなものであればしっかりと証拠を保管しておくようにしましょう。

【財産分与】
熟年離婚の場合、慰謝料よりこの財産分与の方が重要になると思います。
家や土地、貯金、年金、退職金など結婚してから得たお金は対象になる場合が多いのできちんと話し合いをした上で財産分与しましょう。
また、中にはトラブルになる場合もありますので話し合いにならなかったりトラブルになったりした場合は調停を申し込みそこで決定してもらうようにしましょう。
熟年離婚のトピック | - | trackback (0)

高齢者の離婚





最近では高齢者による離婚と言うのが増えてきているようです。

一昔前だといくら浮気をしていたとしても「男の甲斐性」とか「放っておけば戻ってくるだろうから我慢するわ」とか言って結局は離婚にまで至るケースというのは少なかったように思えますが、最近では「老後をこの人と二人きりで過ごしていけるかしら」「子供もみんな結婚して手が離れたし、次は私も残りの人生自由に生きていきたいわ」とか考えながら離婚を考えているケースが増えてきているようです。

ではなぜこの先の老後を旦那と二人きりで過ごせなくなってきているのかと言うとやっぱり大きな原因には「浮気」が挙げられているそうです。
これから夫婦二人水入らずで生活していこうと思っていた矢先の旦那の裏切りはきっと耐え難いものがあると思います。

最近は高齢化社会になってきている為、定年を過ぎてもまだ20?30年は老後の生活として過ごしていかなければならないですよね。相手に対する信頼が無くなってしまった以上、そんなに長い年月を共に過ごして行くのは決して耐えられるものではないと思います。

近年、年金も財産分与の一つとして離婚時に支払われるという制度ができ離婚も以前に比べれば踏みきりやすくなったと言ってもいいかもしれません。
ただ、離婚後生活能力がないと苦しい生活を余儀なくされてしまいますので安易に離婚と言わず、よく考えて行動するようにしましょう。

お金お金とあまり言いたくはありませんがお金がないと実際苦しいですもんね。
熟年離婚のトピック | - | trackback (0)
CATEGORIES
NEW ENTRIES
PROFILE