白菜と鮭フレークの煮浸し

白菜と鮭フレークの煮浸し

スポンサードリンク

★簡単ダイエットレシピ 白菜と鮭フレークの煮浸し レシピ

鮭には、たんぱく質はもちろん、各種ビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。鮭に含まれる、ビタミンB1、B2、ナイアシンは、糖質や脂質が効率よくエネルギーに変換されるのを助けます。
また、血行をよくして内臓の機能を活発にする働きがあることから、冷え性の改善にも効果が期待できます。減量中には体が冷えがちですから、嬉しい作用です。

缶詰の鮭フレークを用いることで簡単で、味付けもほとんど不要で、手軽にできます。白菜は、葉の部分よりも芯の部分を用いることでかえって甘みがでます。ほかの料理で余ってしまった芯の部分を捨てずに活用してください。

白菜はチンゲンサイにしてもおいしく食べられます。また、鮭フレークの代わりに、あさりの水煮、かに缶などでももちろんおいしいです。缶づめに残ったおいしい汁をうまく生かすことで、砂糖などの調味料なしでも薄味で食べることが出来ます。


◆材料(2人分)
・白菜(芯の部分)・・・200g
・鮭フレーク缶・・・90g
・しょうが汁・・・少々

◆下準備
・白菜はさっと水をくぐらせ、ラップで包み、約2分加熱してから3cm幅にざく切りにします。
・鮭は身を粗くほぐします。

◆つくり方
1.ほぐした鮭と白菜をボウルに入れます。鮭の汁も入れます。
2.1にラップをして約2分加熱します。
3.全体を大きく混ぜてから、ショウガ汁を加えて出来上がり!

スポンサードリンク