着物の着付教室

浴衣の着付方法

今回は、浴衣の着付方法についてです。

夏になり、浴衣を着た人たちが町を歩く姿は、見ているのみでも涼感を誘います。また、浴衣というと、下駄が思い浮かびます。カラコロという下駄の音は、親しみと、どこか懐かしさを感じさせます。浴衣を装うときには、足もとの下駄の美しさも楽しみたいものです。

浴衣を着付方法る場合には、素肌にさらりと、涼しげに装うようにすることがポイントです。全体をゆったりと、ゆとりのあるくつろぎをかもし出すような着付方法をします。

●浴衣というと、湯上りに夕涼みに着るような木綿の浴衣を思い浮かべますが、一般的には、肌着と裾除けをつけたうえに着付方法るようにします。木綿の浴衣ばかりではなく、ほかの生地に、半襦袢をつけ半襟を出して、変化を楽しむ着付方法もいいです。

●衣紋抜き、前のえり合わせはゆったりとします。つめすぎると暑苦しく見てしまいます。衣紋は指3本からこぶし一つが入るくらいを目安に抜きます。

●すそ線は、足のくるぶしにかかる程度がよいと思われます。長すぎないようにします。下前のすそあがりは7〜8センチ、上前のすそあがりは下前の半分程度にします。

●帯の位置は、あまり胸高にしないほうがいいです。また帯をきつく締めすぎないようにすることもポイントです。

●浴衣を着る場合に重要な注意点は、足もとです。素足に下駄履きですので、足の手入れも忘れずに!ただし、下駄はあくまでも普段着であるということを忘れないで下さい。下駄履きのまま、カラコロ音を鳴らしてホテルのロビーを歩いたり、観劇に行くのはエチケット違反です。

 

スポンサードリンク