着物の着付教室

入学式・卒業式の着物

子どもの入学式・卒業式の時に着るきものについてです。

お子様の入学式や卒業式に出席なさるお母様は、どのような装いをしたらいいのでしょう。小学校に上がられるお子様の入学式のときは、お子さま自体の準備を整えるので精一杯で、ご自身のきものの着付方法まではとても手が回らず、洋装にしようという方もいらっしゃるでしょう、また、下のお子様がまだ小さくていらっしゃるときには、なおさら極めてです。

しかし、入学式や卒業式は、お子様の晴れの日であるとともに、それまでお子様を見守ってこられたご両親にとっても晴れがましい重要な日です。お母様も、ぜひ、おきもので装われては如何でしょう。

入学式のお母様のきもの着付方法

入学式は、これから学校にあがられる、小学生のお子様のお母様ならば、つつましい服装が好ましいでしょう。あまり粋な感じや、個性を強調するコーディネートは、好ましくありません。母親らしい落ち着きと格調をあらわすものが良いと思われます。

若いお母様なら、色絵羽がいいのではないでしょうか。できれば、一つ縫い紋をつけたものがいいです。
また、お子様が中学生になられるという場合には、一つ又は三つ紋の黒紋付、又は一つ紋の縫い紋をつけた黒絵羽織でも、結構です。

きものは、幼稚園や小学校に上がられる幼少のお子様のお母様ならば、無地の着物、友禅小紋、など。中学生以上のお子様のお母様ならば、江戸小紋などもよいと思われます。

帯は、織りの名古屋帯にします。帯つきで羽織なしならば袋帯にします。

スポンサードリンク