着物の着付教室

帯のいろいろ

今回は、帯のいろいろについてです。

きものを着付方法る際には、TPOに合ったきものの格(礼装着、略礼装、外出着、街着・普段着)を選択することが大事です。そしてそのきものに合わせて、帯を選択することが大事になってきます。

帯には、正装用として花嫁がつける「丸帯」や、ご婦人が広くお召しになる「袋帯」、そのほか外出用に気軽にお召しになれる「名古屋帯」、およびその一種でもある「袋名古屋帯」など、色々な種類があります。

さらにこれらのほかに、夏用の「ひとえ帯」や、若い人向きの「細帯」、男帯の代表ともいえる「角帯」、男性用の普段使いの「へこ帯」、お子様用の「三尺帯」があります。
帯の種類、帯の結び方できものの後姿に個性が出ます。

●ひとえ帯
一枚織りの帯で、夏帯のことです。主に、博多、絽つづれ、などがあります。

●細帯
半幅帯ともいわれ、幅は15センチ〜20センチ程度。若い人向きのものとして、縞や格子のものが少なくありません。

●軽装帯
前帯とおたいこを別々に仕立てたもので、「つけ帯」とも呼ばれるものです。

●角帯
代表的な男帯です。幅9センチ〜15センチで、丈は4メートルです。博多織りや、つづれ織りがあります。

●へこ帯
普段着用に、ウールやゆかたなどに締める、男性用帯です。幅34〜72センチで、丈は3.8メートル程度です。生地はちりめんや羽二重(はぶたえ)など、です。

●三尺帯
お子様用の「へこ帯」に相当するものと考えるとよいと思われます。鯨丈で3尺、つまり1.1メートルあるところからこの名前があります。幅は34~35センチです。

スポンサードリンク