着物の着付教室

丸帯、袋帯、名古屋帯

今回のテーマは、「丸帯、袋帯、名古屋帯」についてです。

きものの美しさの大事なポイントであり、特にうしろ姿の個性を出すものとして大事な働きをするのが、帯です。帯の着付方法方しだいで、粋に装うことも、シックに上品な着こなしにすることもできます。

結び方もさることならが、帯そのものにもたくさんの種類があります。きものの格に合わせて、帯の格も選択することが大事です。
花嫁のお振袖や留めそでなど、礼装に用いられる「丸帯」、ご婦人の正装用の「袋帯」、そのほか外出用に広く用いられる「名古屋帯」など、さまざまです。

●丸帯
花嫁のお振袖や留めそでなど、礼装に用いられる帯です。もっとも格式の高い帯です。唐織り(からおり)や、糸錦、つづれ織りなどがあります。

●袋帯
縫い目のない筒状の織物です。最近では、花嫁以外の婦人の正装には、すべて袋帯が用いられるようになりました。しんをいれずに仕立てることが多くなっています。締めやすいのが、多用される理由でしょう。

●名古屋帯・袋名古屋帯
外出用の帯として広く用いられるのが、名古屋帯です。つむぎなどの染め帯のほとんどが、名古屋帯に仕立てられます。胴まわりの前帯を半幅にして作られており、おたいこになる部分が広くなっているのが特長です。

名古屋帯のなかで特に、おたいこの部分を返してかがり、手は半幅にかがるだけのしんのない手軽な仕立てとなっている、ひとえの名古屋帯を「袋名古屋帯」といいます。八寸名古屋帯とも呼ばれます。外出用、普段用と、広く使用されます。

スポンサードリンク