着物の着付教室

個性的な着付方法

今回は、個性的な着付方法についてご紹介します。

きものの着付方法には、若いお嬢様らしい初々しい着付方法の仕方や、同じ若い女性でもミセスらしい落ち着きをプラスした着付方法、さらにはある程度年齢を増した奥様のしっとりと含みのある、たおやかな着付方法や、お歳を召した方のきものを着慣れた、貫禄のある女性の美しさを生かした着付方法など、着付方法方によって、きものをお召しになる方それぞれの美しさを引き立てることが可能です。
年齢とは別に、きものは着る方の個性やお好みを反映した着付方法をすることもできます。

たとえば、衣紋(えもん)をかなり大胆に抜くと、粋な着こなしができます。また、胸元はふっくらと余裕をもたせ、半えりを多めにのぞかせると、えりの打ち合わせにやわらかさが出て、着慣れた感じになってきます。逆に、衣紋を抜きすぎず、えり合わせを細めの?X字型にし、半えりも細めに出すようにすると、シックでおしゃれな着付方法になってきます。

帯の結び方、位置にも、きものを着る方の個性が出ます。帯の位置を低めにし、帯幅を広めに、斜めに帯を締め上げると、粋な着こなし方となります。おたいこは低く、下部にふくらみをもたせた銀座結びや、つの出しだいこは、いかにも着慣れた、つやっぽい着付方法です。ふつうのおたいこで、少々斜めに形付け、帯締めをほんのちょっと斜めにするのみでも、かなり粋な着こなしになってきます。
ただし、あまり度が過ぎると、ともするとくろうとっぽくなってしまいますので注意しましょう。
逆に、おたいこは大きすぎず、縦長にならないように直線的に結ぶと、シックで上品な着こなしになってきます。

スポンサードリンク