着物の着付教室

年配の方の着付方法

年配の方の着付方法についてご紹介します。

ある程度、お歳を召した女性には、その女性ならではの個性や美しさが出てきます。きものの着付方法についても同様で、年齢を増すと、それに応じた「味」が出てきて、きものがその人に寄り添うようにぴったりと板についてきます。

中年以上の方のときのきもの着付方法においては、年齢のもつ貫禄と気品を生かした、落ち着きのある装いに仕上げることがコツでしょう。

きものを着慣れた感じに仕上げると同時に、ぞんざいになったり、着崩れた着付方法にならないようにすることも大事です。
全体に、ゆったりと上品な着付方法にすると良いでしょう。

●衣紋(えもん)・・・衣紋は、ゆったりと4〜5センチ程度に抜きます。えりもとはゆったりと合わせます。
一般に衣紋は、おしゃれ着のときには、抜きすぎず、詰めすぎず、首のカーブに沿って自然な感じにするようにするのが基本です。訪問着のときは、えりは一般に広めにし、衣紋はぐっと抜き加減にすると、華やかさをプラスすることが可能です。留袖などのときは、フォーマルな装いらしく普段よりも少々、抜き加減にすると、おおらかさと重厚さを強調することが可能です。

●帯・・・年配の方のとき、帯は低くめに帯幅をせばめて結ぶと良いでしょう。

●帯揚げ・・・帯揚げはほとんど隠してしまいます。帯締めの位置を下めに締めると、年齢に応じた落ち着きと気品を出すことが可能です。

●すそ・・・くるぶし下までにします。はきもののかかとが隠れるくらいに眺めにすると粋な装いになってきます。

スポンサードリンク