着物の着付教室

ミセスのための着付方法

ミセスの着付け方法についてご紹介します。

きものの本当の味が出るのは、ミセスのなかでも特に、ある程度の年齢になった奥様になってからといわれます。若々しいお嬢様とは違い、また、若いミセスとも違う、ふんわりとした、包み込むような内面的なふくよかさや女性らしさがにじみ出てくるからでしょう。
したがって、ある程度年齢を増した奥様の着付方法は、女性として豊かさや、上品なお色気を感じさせるように仕上げるのが、年齢に見合った、美しい着付方法となります。また、着こなしに、きものをお召しになる方それぞれの個性が出てくるのもこの年代ならでしょう。

●衣紋(えもん)・・・衣紋は、やや抜きかげんにします。7センチから8センチくらいが適当でしょう。半えりも心もち多めに出すと、やわらかい感じになってきます。

●胸の合わせ・・・ゆったりと合わせます。

●帯・・・帯は、腰骨にかけて下めに結ぶと落ち着いた雰囲気になってきます。
*同じミセスでも、若い奥様のときは、お嬢様よりは低めですが、熟年のミセスよりもやや高めにします。
おたいこは、山を低めにし、下部をふっくらとふくらませると、奥様らしい落ち着きが出ます。また、おたいこの下側やたれを斜めにすると、やわらかさと、たおやかさが生まれます。

●帯締め・・・帯幅の3分の1の位置に締めます。
*若いお嬢様のときは、帯締めは帯幅の2分の1の位置にしめると初々しい、若い美しさが引きたちます。一方、お歳を召した方のときは、帯締めの位置を下めに締めると、年配らしい落ち着きと貫禄が出ます。奥様と一口でいっても幅がありますので、それぞれの年代に合わせてコントロールなさるとよいと思われます。

スポンサードリンク