着物の着付教室

若いミセスの着付方法

今回は、ミセスでも、若いミセスの方についてご紹介します。

同じ若い女性でも、ミスとミセスでは、女性としての美しさに微妙な違いが出てくるようです。ご結婚前のお嬢様の美しさが、若かゆえのはじけるような初々しさであるならば、若いミスの美しさとは、若々しさのなかでもお嬢さまにない、落ち着きと豊かな女らしさといえるかもしれません。

きもの着付方法についても、若いミセスのときには、若々しさを保ちつつも、奥様らしいしとやかな落ち着きをうかがわせる装いに仕上げるのが、美しい着付方法のコツとなります。奥様らしいふくよかさとほのかなお色気を、すっきりと上品にうかがわせる着付方法にしたいです。

若いミセスの着付方法のポイント
・衣紋(えもん)・・・衣紋はあまり抜きすぎないようにします。6センチ〜8センチにし、体型に応じて抜きます。
前の打ち合わせは、開けすぎないようにぴったりと合わせます。胸の合わせを心もちゆったりとすると、年齢の熟したお色気を感じさせる着付方法となりますが、若いミセスのときは、むしろ初々しい気品を生かしたほうがいいかもしれません。

・帯・・・あまり上すぎないようにします。ここが若いお嬢様との違いです。
おたいこは、上下に丸みをつけてふっくらとした感じに作ります。斜めに締めすぎると、粋な着付方法となりますが、若い奥様のとき、度がすぎるといやらしい感じになってきますので注意しましょう。体型のすらりとした方ならば、直線系にまとめたほうがすっきりとした着付方法になってきます。

・帯揚げ・・・感じよくすっきりと仕上げましょう。十字型に一直線にのぞかせるようにします。

スポンサードリンク