着物の着付教室

結婚前の女性の着付方法

今回は、結婚前の女性の気付け方法についてご紹介します。

最近は、若い方でもきものを好んでお召しになられる方が増えてきています。お茶やお花のお稽古に着ていかれるかたも多いようです。また、少ししたお出かけや観劇に、お着物をお召しになると、いつもとは違う、新しい美しさ、魅力を発見できるかもしれません。

ミセスとは違う、ミスならではの魅力をかもし出すことができるよう、着付方法にもそれなりの工夫をしましょう。

結婚前の若いお嬢様のきものの着付方法は、若さを生かし、初々しさを強調した上品な着付方法にするのがポイントです。
きもののとき、体型に合わせて立体的に裁断する洋服と異なり、直線裁ちであることから、いずれかというと「ずん胴」のほうがきものにフィットする体型であるといえます。しかし現代の若い女性は、胸が高く、ウェストがきゅっと締まった体型・・・つまり、洋服向きの体型・・・をしています。

そのため、若い人のとき、きものを美しく着付方法るためには、まず、体型の補整をしなければなりません。
・ウェストがくびれた方は、二つ折りにしたタオルを2枚ほど巻きつけます。
・いかり肩の人は、胸の中心からえり肩にそってタオルをあてがいます。

また、若い人全般にいえることですが、すそ丈はくるぶし下あたりがよく、つま先は心もち上げる程度にすると若々しい着付方法になってきます。

衣紋(えもん)はあまり抜かないようにしましょう。えり合わせも心もちあげるようにしたほうがいいです。

帯は心もち高めの位置に締めます。おたいこは高く、大きくまとめます。帯締めは帯幅の半分の位置に締めます。

スポンサードリンク