着物の着付教室

和装用下着

今回は、和装用下着についてご紹介します。

人にはそれぞれの体型があります。体型に合わせて立体的に仕立てる洋服と異なり、直線裁ちのきもののときは、下着や補整の小物を用いて、きものに合わせた体型に補整することが大事となります。そのための大事な役目をするものが、着物用の下着です。

肌に直接触れる下着(肌じゅばん)から、そのほか裾除けなど、主な下着は以下のものです:1.はだじゅばん、2.すそよけ、3.そのほかの小物(腰ひも、だて締め、帯まくら、帯板、など)

1.はだじゅばん
肌に直接触れるものですので、通気性と保温性に優れ、洗たくしやすいもの、丈夫であるものを選びましょう。さらしもめんの布地が理想です。冬物ならばガーゼ二重で作られたものが保温性に優れています。
・身丈・・・だいたい腰骨あたりの寸法で50〜55センチ程度が標準です。わき線のすそから8~10センチにスリットがあるものが、動きやすく、着付方法やすいです。
・えり幅・・・2.5〜3センチの細えりにし、すそまでつけます。
・そで・・・半幅づかいにし、半そでにします。

2.すそよけ
すそよけは、「腰巻き」とも呼ばれます。すその汚れやいたみを保護するという実用的な利点があります。またすそさばきもよくなります。
・上部の胴腰・・・さらしもめんをつけます。さらに両端に細紐をつけ、しっかりと締めるようにします。
・胴まわり・・・胴ひとまわり半にします。上前幅5センチは、前立てえりにして3つ折りにし、上で4本のひだをとります。

3.そのほかの小物(腰ひも、だて締め、帯まくら、帯板、など)

スポンサードリンク