着物の着付教室

体型補整

今回は、体型の補整の仕方についてご紹介します。

きものは、ゆったりとした女性らしさを出しつつ、キリッとした、すそつぼまりの美しいシルエットを出して着付方法たいものです。
洋装のときは、キュッとしまったウェストのくびれを強調して着付方法ることによって、装う人の美しさと、その洋服のもつ美点を引き出します。
一方、きものは、洋服と異なり、立体的な裁断ではありません。したがって、直緯線裁ちのきものをいかに身体にフィットさせて、着崩れないように着付方法るかがポイントです。
きものの着崩れを防ぐ重要なカギのひとつに、身体の「補整」があります。人の身体が本来もつ凹凸をなくし、きものの直線裁ちの特長に合った、筒状の体型に整えることです。

標準的な体型の方のとき、補整をおこなう箇所は、基本的に4箇所です:1.衿元、2.みぞおち、3.ウェスト、4.ヒップ(ヒップの上のくぼみ)です。つまり、くぼんでいるところをうめる、と考えると良いでしょう。

1.衿元・・・衿元のくぼみを埋め、バストをおさえることで衿合わせを安定させます。衿元をなだらかに見せるようにします。

2.みぞおち・・・みぞおちのくぼみは、着付方法た場合にきものにしわをつくる最大の原因です。帯にもしわを作成してしまいます。

3.ウェスト・・・くぼんだままできものを着付方法、腰紐を締めると、裾が拡大してしまいます。帯も不安定になってきますので、「ずん胴」にします。

4.ヒップ(ヒップの上のくぼみ)・・・ヒップのくぼみを補整すると、おたいこの形が美しくなり、後姿が引き立ちます。

スポンサードリンク