着物の着付教室

やせ型の人の着付方法のポイント

やせ型の人の着付けの方法についてご紹介します。

やせがたの人はきりっとした直線的な美しさを引き立たせる着付方法をなさると、知的な印象がいっそう強まります。洋装のときは、ウェストがくびれた体型が洋装の美しさを引き立たせます。一方、きもののときは、逆で、直線的なシルエットを大事にします。

やせ型で身長が高い人の着付方法のポイント
補整
やせた方のとき、肩から胸にかけての肉付きの薄さやくぼみ、腰の細さをカバーするために体型を整えるための補整を行います。腰には腰ぶとんをし、肩から胸にはタオルを3つ折りにしたものを、胸の上を通るようにして斜めにあて、胸の下で交差させます。あるいは、厚みのある肌じゅばんで身体に丸みを添えるようにするのもよいと思われます。

えり・衣紋
やせ型の方で、特に身長の高い方のとき、衣紋は抜かずに、えり合わせは首のくぼみから4センチ〜5センチ下で合わせた細めの?X型にするとよいと思われます。半えりも細めに、1.5センチほど出します。


帯山は低めにします。長めのおたいこで直線型か、下部をふくらませるようにすると粋な着こなしになってきます。

すそ
やせて身長のある方のとき、すそたけは長すぎないようにします。またつま先も上げすぎないほうが良いでしょう。

やせて身長が低い方の着付方法のポイント
えり
やせ型で身長の低い方のときは、普通寸法よりもえり幅を1.5センチほどせまくします。

色合い
やせて背の低い方のときは、特にやわらかい中間色の地色がよく似合いま
す。柄も小さめのもの、丸みのある花柄などが良いでしょう。

そのほか、やせて身長の低い方のとき、そでたけを短めに、丸みを大きくします。

スポンサードリンク