着物の着付教室

太り気味で身長の高い人の着付方法

今回は、太り気味で身長の高い人の着付方法についてです。

きものは、着る人の体型や全体的な印象に合わせた、きもの選びや着付方法をすることでよりいっそう美しさが引き立ちます。大きくわけて、太っていらっしゃる方とやせ気味の方に二分し、太っていらっしゃる方、やせていらっしゃる方をそれぞれ、さらに身長が高い方と低い方にわけて、体型に合わせた装いをします。

太っており、身長が高い方は、存在感があり、派手な印象を与えます。大柄なきものなども上手に着こなすことができるでしょう。こういった体型の方のとき、着付方法るさいに締め付けると、がっちりとした身体の線がことさら強調されますので、ひったりと余裕を持たせるようにします。すそつぼまりにすると女らしく、かつ引き締まった美しいシルエットになってきます。ちりめん、綸子、緞子ちりめんなどが良いでしょう。色調は濃い目にし、曲線的な柄が生きます。

・えり、衣紋
広えり仕立てにし、えり幅は広めにします。衣紋は10センチほどに抜きます。首ぐりをはなしぎみにし、横線を強調すると背の高さとのバランスがとれます。えり合わせは、前くぼみより2センチから3センチ下にして、V型を大きくとります。

・おはしょり
左8センチ、右6センチの舟底型の斜線にします。

・帯幅
身長のある方のとき、帯幅はやや広めのものを、低い位置に締めるとバランスがとれます。袋帯や袋名古屋帯のときは、18センチ〜20センチに広げます。

・すそ
上前つま先はあげ気味に着付方法ます。すそたけは長めにし、かかとをかくすくらいにします。

スポンサードリンク