着物の着付教室

はきもの

今回は、はきものについて見ていくことにしましょう

美しくきものを着付方法たら、装いの仕上げは、足もとです。きもののはきものは、ぞうりと下駄です。

ぞうり
・ぞうりの色選びは、きものや帯の地色に合わせる方法と、帯締め、帯揚げのどちらかと共色にする方法があります。バッグとセットにしてそろえるのもよいと思われます。
・台の高さは、振袖には5センチ程度、留めそでや訪問着のときは4センチ、街着ならば動きやすいよう3センチが適当です。

礼装用と街着用に大別されます。
・礼装用には、布地では佐賀錦、錦織、つづれ織り。皮革ではエナメルやパール加工したものがあります。台と鼻緒はそろっているものが正式とされます。色は淡い色調にします。
・街着用には、染め皮革、しころ織り、メッシュなど。金銀を使ったものは街着用としては不向きでしょう。
・小紋などの外出着には、着物に調和した色のエナメル加工のものや、ろうけつ染め加工、あるいは小紋柄の型押しなどがふさわしいです。
・趣味的なきもの、あるいは個性を出したい大島やつむぎなどの装いには、爬虫類のものなどを上手に取り合わせると粋な感じになってきます。

げた
・下駄というと、雨の日や夏のゆかたに限定されるようになりました。一般的な駒下駄、雨の日の薄歯の日より下駄、高下駄(日和げたよりもさらに高いもの)、畳表のあずま下駄、こども用のぽっくりなどがあります。
・鼻緒はビロード、錦地などの布製のもの、ビニール製のものがあります。雨の日用にはビニールの鼻緒が適します。
・ゆかたのとき、素足ではくことから汚れが目立ちますので、黒塗りがよいと思われます。

スポンサードリンク