着物の着付教室

着付に必要な小物

着付に必要な小物にはどのようなものがあるのでしょうか。

きものを着る際には、着付方法に必要な小物類をちゃんとそろえることが大事です。着崩れを防ぎ、きものを身体になじませるために大事な役目を担うのが、下着です。肌じゅばん、すそよけ、長じゅばん、などがあります。そのほか、たびも必要ですし、きものをしっかりととめるためには腰ひもやだてじめ、前板、帯枕、帯締め、帯揚げといった小物が必要になってきます。

洋装のときには、ウェストがしっかりとくびれていること、またそう強調することが美しく着こなすコツになってきます。一方、和装のときには、逆で、直線的な体型のほうが美しいとされます。ウェストのくびれている人は、腰にタオルを巻いて体型の補整をすると、きものの美しいシルエットを出すことが可能です。
きものの着付方法に必要な小物

●足袋(たび)
足にあったものを選択することが大事です。きもの姿の足元をきりっと見せるポイントになってきます。

●肌じゅばん
ガーゼかさらしの木綿のものが良いでしょう。また和装用のパンティを用いると、下半身の線を美しく出すことが可能です。

●すそよけ
・羽二重、モスリン、正絹など。
・巻付式のほうが楽です。
・すそよけは、すそさばきのよいものを選びます。すそさばきが良いことも着崩れを防ぐための大事なポイントとなります。

●腰ひも
・2〜3本必要です。
・木綿のもののほうがすべらなくて使いやすいです。

●だてじめ
・長じゅばんときもので、2本必要。

●半えり
・普段は化繊を、外出着には塩瀬羽二重を用意します。

●帯板
・2枚

●帯まくら
・1個

スポンサードリンク