着物の着付教室

お宮参り

今回は、お宮参りについてです。

お宮参りは、お子さんの健康と幸福をお祈りするために、お子さんのお母様、又はおばあ様がお子さんを抱き、祝着をうえからかけて氏神様に参詣します。

お子さんの祝着

男のお子さんのとき・・・「のしめ模様」といって、胸から背、袖まで横に通した模様の、染めぬき五つ紋を使用します。

女のお子さんのとき・・・絵羽模様などの模様ものを使用します。

七五三のお祝い(三歳が男の子と女の子共通で「髪置の祝い」、五歳が男の子の「はかま着の祝い」、そして七歳が女の子の「帯祝い」)にも利用できるように、男のお子さんならば、黒羽二重の二枚重ねか、あるいは白羽二重を用いてもよいと思われます。また女のお子さんならば、絵羽模様の一越ちりめんや、白紋綸子などを用いるのもよいとされます。

【お宮参りのお母様、おばあ様のきものと着付方法】

お宮参りの主役はあくまでお子さんです。お宮参りは、お子さんのお母様とおばあさま(姑)が出るのがきまりとされます。
お子さんをおくるみに包んだり、ベビーケープをかけてのお宮参りのときは、内祝い的な要素が強いことから、お母様方の装いは、無地一つ紋のきものでも良いとされます。小紋に黒や色の紋付羽織でも良いです。

七五三のお祝いも、お子様の健やかなご成長を神様にお願いするものですので、お母様の着物も色無地かつけ下げ程度がふさわしいでしょう。

お宮参りのあとなどに、ご親戚の方へご挨拶に回られるようなときには、お子様のお母様とおばあ様のきものが、調和が取れていると感じがよいものです。事前に話し合われるとよいと思われます。

スポンサードリンク