着物の着付教室

留めそでのえりもと

留めそでのえりもと着付け方のポイントについてご紹介します。

えりもとをいかに着付るかは、着付方法や着こなしのよしあしを左右する大事なポイントです。ほっそりとした顔立ちの方、ぽっちゃりとした顔立ちの方、幼い感じの顔立ち、あるいはしっとりと大人びた顔立ち、また首から肩にかけて、さらに胸にかけての線、といった、きものを着る人の個性や雰囲気に合わせたえりもとの演出をすることが、美しい着付方法のコツです。

きつくなりすぎず、ふんわりと、やさしい曲線を描くようにしつつ、しかもキリッとひきしまったえりもとにすることで、着物本来のたおやかさが生きてきます。

礼装、外出着、あるいは普段着など、TPOに応じたえりもとの着付方法をすることが大事です。なかでも留めそでは正式な装いですから、重厚さを演出する着付方法にします。格調の高さを基調にした着付方法にし、場にふさわしい装いに仕上げることが大事です。

【留めそでのえりもとのポイント】

・衣紋は抜き加減にしてえりも広めにします。

・半えりは、2.5センチほどの幅を前打ち合わせで出すようにするとよいと思われます。薄地でもしっかりとした固めの、三河もめん帯しん地によるえりしんを入れます。

・えりは広えりにし、剣先たりで3分の1幅は内側に、3分の2幅が外側に出るように整えます。えり肩あき内側に半紙を折って入れ、比翼えりはしわが出ないようにします。0.5センチ幅に正しく、まっすぐに出してシャープにすると同時に、全体的にはやわらかさとおおらかさを漂わせます。

・やせがたの体型の方は、前の半えり、きものえりの打ち合わせは、細長くするほうが似合います。比翼重ねえりも、引き締め気味にするとキリッとした印象になってきます。

スポンサードリンク