着物の着付教室

おめでたい席での女性の礼装

今回は、おめでたい席での女性の礼装についてです。

着物のとき、目的にかなった装いをするための決まりごとがたくさんあります。これは洋服についてもいえることですが、TPOを考えてコーディネートを重視した着付方法の仕方をすることが大事です。

実際には、きものそのものの材質や柄ゆきだけなく、帯合わせ、帯締め、帯揚げ、さらにバックやぞうり、コート・羽織、髪飾りなど、に至るまで、きものと格をそろえて、全体的な着付方法を考えます。

結婚式・披露宴での女性の礼装
着物の美しさがもっとも引き立つ、結婚式や結婚披露宴の席での装いです。おめでたい席にふさわしく、格調高く装いたいものです。基本となる「きもの」と「帯」を中心に、親族側とご招待を受ける側のミセスそれぞれ、およびミスのコーディネートを考えてみたいでしょう。

【親族のミセス】
・きものは、ミセスの第一礼装である、黒留め袖がふさわしいでしょう。
・帯は、丸帯か袋帯にします。格調の高い柄ゆきを選びます(たとえば、唐織りや、つづれ錦、金襴、銀欄の吉祥文様、などがよいと思われます)。帯の結び方は、二重太鼓にします。

【招待を受けるミセス】
・きものは、色留め袖か、訪問着がよいと思われます。
・帯は、丸帯か袋帯。黒留め袖に準ずる格の高いものを選びます。結び方は二重太鼓にします。

【結婚前の女性】
・きものは大振袖、中振袖、あるいは訪問着。
・帯は、丸帯か袋帯にします。華やかな色調で、格の高い柄を選びましょう(たとえば、佐賀錦や金襴、銀欄、などが素敵です)。結び方はあでやかに、ふくら雀、立て矢、文庫、蝶結びが良いでしょう。

スポンサードリンク