着物の着付教室

衣紋

今回は、衣紋の抜き方についてです。

きものは、うまく着こなせば、日本人女性の体型の欠点をうまくカバーし、美点を強調することが可能です。ちょっとの違いでその装いに大きな違いが出ます。粋に、上品に着こなしたいものです。

着付方法の仕方によって大きく印象がかわるポイントのひとつが、「衣紋(えもん)」です。衣紋は、その抜きかげんで上品にも、また粋にもなります。
衣紋の抜き方いかんによって、後姿の表情がぐんと変わってきます。

衣紋の抜き加減は、背中がのぞくほどに抜きすぎると、下品に見えます。後ろで半えりが太く見えているのは、とても野暮ったい印象を与えてしまうのです。
上品に着付方法るためには、半えりは肩の部分で細く、ほとんど見えないくらいにします。前えり合わせめで細めにみえるくらい勝ちょうどよいと思われます。
抜きすぎず、詰めすぎず、首のカーブに沿って自然に抜くのが、上品におしゃれぎを着付方法るコツです。

【TPOにあわせた衣紋】
衣紋の抜き具合によって、着付方法た場合の表情がそれだけ変わるということは、逆にその変わり方を生かした着付方法をすればよいわけです。たとえば、フォーマルな装いである、留そでのとき、衣紋は普通よりも抜きかげんにすることで、おおらかさと重厚さを強調することが可能です。
また、晴れ着らしい華やかさを表現したい訪問着のときには、えりは一般に広めにします。衣紋はぐっとぬき加減にしてみましょう。晴れの日にふさわしい装いになってきます。
逆に、つむぎなどは、しゃきっと着こなしたいものです。したがって、衣紋はぐっとつめて着たほうが、知的な印象をあたえます。

スポンサードリンク