着物の着付教室

訪問着

今回は、訪問着についてです。

きものには、礼装着、略礼装着、外出着、街着・普段着といった格付けがあり、TPOに合わせた格付けのきものを選択することが大事です。
留めそでや本振袖、喪服が、「礼装着」です。訪問着は、ミス、ミセスの「略礼装」として使用されます。
訪問着は、絵羽染めになっているのが特長です。色彩や模様、あるいは紋をつけることで格式をもたせ、色留めそでや振袖に匹敵するあでやかさで着ることが可能です。豪華な雰囲気をかもしだすことができることから、ミスの式服の代用にもなります。

手書き、型友禅、紅型、ろうけつなど多種多様な染めがあり、柄行によってあらたまった席でも、またおしゃれ着としても楽しめるきものです。しっかりとした肉付きの方には、派手な染めの大柄模様がよくお似合いになってきます。
生地は門綸子、緞子、一越などがあります。お茶会や観劇には、大島などの織物を染めであらわしたものをお召しになると渋い感覚で素敵です。

【訪問着の着つけのポイント】

●えり・衣紋
・訪問着のとき、えりは一般に広めにします。衣紋も抜きがけんにすると、晴れ着らしい華やかさが出ます。中指の長さたくさんのたけぐらいは必要でしょう。
・半えりはやや出し気味にします。
・だてえりを重ねると、華やかな雰囲気を出すことが可能です。

●すそたけ
・訪問着のとき、落ち着きと重厚さを出しつつ、華やかさもプラスするために、すそたけはかかとよりも長めにします。前はぞうりの鼻緒がみえる程度にし、後ろはぞうちのかかとにかかる程度が適当でしょう。

スポンサードリンク